元ヤクルトスワローズ/投手 鎌田祐哉氏 ~『万人にあった練習方法なんてない』~

ADLIFE INTERVIEW FILE 02

本日は、一軍で活躍した元プロ野球選手のインタビュー記事をご紹介をさせていただきます。ADLIFEインタビューファイル第二弾です。

現役プロ野球選手から聞く言葉もリアルな話で、非常に勉強になる話が多いですが、一旦現場を離れた上でのお言葉には2回目ながら一つ一つに重みを感じるものです。

では、本日の「野球肩革命所®」の取材にご協力いただいた元プロ野球選手は、

ヤクルトスワローズ(2000年ドラフト2位)—東北楽天ゴールデンイーグルスー台湾プロ野球の統一ライオンズ(最多勝16勝、ベストナイン、ゴールデングラブ賞)合計12年プロ野球で活躍した

 

「鎌田祐哉投手」

 

です!

12年間もプロで野球をやり続けられるというのはかなり限られた人物であることは間違いありません。

なぜ弊社が鎌田元選手(以降、鎌田選手)を突撃取材したかというとそれにはしっかりとした背景があります。

「野球肩革命所」は、野球選手の肩の痛みに悩む選手を一人でも多く減らしたいという私の思いがあり創設した経緯があります。

かくいう私も、野球肩によって社会人野球生命を断たれました。

そして、鎌田選手も、一軍で活躍、統一ライオンズでもゴールデングラブ賞やベストナインにも選ばれるほど活躍したとはいえ、肩の怪我などがあり順風満帆な野球人生ではありませんでした。

そのことを事前に交友があったことも含めて存じ上げていたので、ぜひ「野球肩革命所」のインタビューに出演頂いて、後世に残るような一言を伝えて頂きたいと思っていました!

そんな中で、快く受け入れてくれた鎌田選手には感謝を申し上げます!ありがとうございました。

実際に肩を痛めた彼の野球人生のエピソードは、この野球肩革命所®を見ていただいている野球人にとって大きな支えとなり、野球生活のプラスとなることは間違い無いと思います。

それでは鎌田選手のインタビューは以下の通りですのでご覧になってください!!

プロ入りするまでの野球人生

鎌田祐哉氏02

大竹(以下、「私」)-

鎌田選手、本日は日々のお仕事の合間を縫って突撃取材にご協力いただきましてありがとうございます!

鎌田さんの様々な思いを、未来のプロ野球選手たちにしっかりと届けていきたいと思っておりますので、しばらくの間お付き合いいただければと思います!

鎌田さんの野球を始めたきっかけを教えてください~

鎌田選手(以下、「鎌」)-

はい、実は野球への思い入れがそれほど強かったわけではなかったので、そんなにカッコいいエピソードはありません(笑)

単純に小学校の時、部活動の野球の練習を見てて、「かっこいいなぁ」と思って始めたのがきっかけです!

私-

おおおお!すばらしい。そのシンプルな「かっこいい」という思い。とても大切だと思います。

子供の時の「かっこいい」や「好きだから」ということで行動できるというのはとても素直で純粋な感じがいいと思います!

その素直な気持ちがプロを目指す子供達には大切なことでしょうね!私も「好きだから」で始めたのが野球でした。大人がすぐ忘れてしまうことですよね。

そこから、プロ野球選手へとなっていくわけですがそれまではどのような経緯でなったのでしょうか?

鎌-

はい、小学生から大学生までは野球部に所属しプロ入りしました。中学生までは軟式野球をやっていました。

ちなみに中学生の時は三塁手をしていました。

最後の大会は初戦敗退だったのを記憶しています。

しかし、結果とは反対に、中学校の3年間の練習は今までの野球人生の中で最もきつい練習でしたね。。。笑

それから高校野球は、「秋田経法大付属」に進学しましたがここでも控え投手でした。

高校3年の時に、念願の甲子園に出場はしたのですが、控え投手だったので、出番はなく高校野球人生を終了しました。

私-

覚えています!覚えています!

あの時の「秋田経法大付属」といえば、その後、JT(日本たばこ)で活躍されていた金沢さんと、鎌田さんの140キロ右腕と左腕の2枚看板で、優勝候補にまで上げられていましたね!

まさか中学時代が三塁手だったとはしりませんでした。

それで大学進学後はどうだったんでしょうか?

鎌-

はい、早稲田大学に入学することになったのですが、高校時代に練習会に参加したことがきっかけでした。

当時はセレクションではなく、まあ高校の成績での推薦入試で合格したという感じです。

そんな野球人生だったのでなかなか活躍もできず、2年生まではそれほど目立った活躍もなくリーグ戦も1勝11敗でしたね。

しかし何がきっかけかは記憶しておりませんが3年生の時に準完全試合などをして活躍ができるようになっってきました。

そこから試合を任せていただけるようになり、4年生までそこそこ活躍が出来たことでヤクスロスワローズに指名していただけることができましたね。

鎌田祐哉氏003

私-

おーー!私もプロ野球選手は夢でしたが、夢で終わってしまったので、とてもうらやましいです!

高校とか大活躍してプロで全く活躍できない選手もたくさん見てきましたが、鎌田選手は大学の後半から、プロ野球に入ってから活躍された、いわば「遅咲き」の選手なんですね!

プレーが上手な選手もなかなか長く野球を続けることが困難なプロの世界で、11年間も活躍できたというのは本当にすごいですよね!

ぜひ後世の選手達に伝えていってもらいたいです!

では、ここからが本題の肩の故障についてお伺いしたいと思います。

鎌田選手は、肩の故障にも悩まれたと思いますが、どのような故障で、その故障を経験した上で、まだ故障していない選手に伝えたいことを教えてください!

鎌-

私の場合は、右肩を痛めました。肩を痛めるとどうしても納得のいくパフォーマンができません。

私は棘上(きょくじょう)筋と言われるインナーマッスルが50%ほど断裂していました。

しかし手術はせず、リハビリで復帰ができたのは運が良かったと思っております。

他にも両膝の半月板の断裂もしやっています。

やはり、怪我というのはしないほうがいいのは確実です。

日々酷使し続けている身体なので、しっかりとしたケア、それと怪我をしないようなトレーニングや調整をしっかりと行うことが大切です。

なかでも野球選手が特に大切なのが、自分自身の体に合った動き方、故障の予防方法を選び、それを行うことですね。

全員が同じ方法で行うなんてありえません。

だって人の体は十人十色ですからね!

それぞれのケア方法、練習方法があって当たり前です。それによって高度なパフォーマンスを発揮できるし、怪我をしにくい体になることはいうまでもありません。

私-

確かにそうですね!

私も全員が同じ練習やトレーニングを行うことには、合理性がないので選手のパフォーマンス向上を考えると効率が良くないと思っております。

野球はどうしても団体行動の面が強調されることが多いですしね。

さて、本日は、お忙しい合間の中、お時間いただきましてありがとうございました!

鎌-

いえいえ、とことん野球をやってきた選手たちが言葉にしたかったけど、できなかった内容を文章にして伝えているこのサイト「野球肩革命所®」は面白いですね。

楽しく読ませていただいています。

今までになかった野球の新常識を提唱しているので惹きつけられる部分もあり、なるほどなるほど、と読ませていただいています。

本当の意味での真の質の高いパフォーマンス実現のためのヒントがここにあり、レベルアップしたい選手必見のメディアサイトだと思います!

できる限り若いうちに読んで、パフォーマンスを高めながら身体のケア・メンテナンスのことを考えるベースを作っていってもらいたいと思います。

私-

ありがとうございます!鎌田選手にそう言っていただけると、私も俄然やる気が出ます!

これからも未来の野球選手に向けた優良情報をどんどん流して行って一昔前のような人気を誇った野球界を作り上げていけるように頑張っていきます!

ありがとうございました!

鎌田祐哉氏004

おわりに

鎌田さんは現在都内の企業で会社員として勤務されています。しかし、常に野球のこと、自分自身の体のことは気にしており、日々自己研鑽に努めているということです!

鎌田さんはグラブに関する知識も豊富で、グラブの型でフォームが変わってしまうという持論をお持ちです!

ですのでグラブは購入した時に自分で湯もみをして、使い始めから自分に馴染んだグラブを使うことを推奨されています。

グラブのことは是非鎌田さんに聞きましょう!

こちらで聞いていただければ鎌田さんにお聞きすることも可能ですので是非とも詳しく聞きたい方は弊社LINEまでご連絡ください!

では、今後のインタビュー記事にご期待くださいね♪

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

アイシングのリスクについて知っていますか?~本当は怖いアイシングの正体~

2015年11月7日

野球肩革命所1週間まとめ記事(2015年12月14日~12月20日ver.)

2015年12月21日

野球肩革命所1週間まとめ記事(2016年2月1日~2月7日ver.)

2016年2月8日

野球肩革命所1週間まとめ記事(2015年11月23日~11月29日ver.)

2015年11月30日

野球肩革命所1週間まとめ記事(2016年1月25日~1月31日ver.)

2016年2月1日

練習の在り方の話をしよう~年齢で決めるのはありえない~

2015年11月26日