技術向上

「右投げ左打ち」のススメ ~「右投げ左打ち」が一番有利な理由~

「右投げ左打ち」のススメ ~「右投げ左打ち」が一番有利な理由~

あなたの利き腕はどちらですか?

また、

あなたは「何投げ」、「何打ち」

ですか?

「野球肩革命所®」では、「右投げ左打ち」をおススメしています。

「右投げ左打ち」をあまり進めない指導者の方もいらっしゃいます。

その理由は、バティング時に投げる側の「右肩」が投手の方を向いてしまいデッドボールの危険性が高まるためだそうです。

しかし、この程度の危険性であれば防ぐことができる上、どう考えてもメリットの方が多いのが「右投げ左打ち」です。

しかも調べて見れば分かると思いますが、「デッドボールが当たる確率」は気を付けなければいけないほどの確率ではありません。

基本的に野球は、「右投げ左打ち」に有利なようにルールができています。

「右投げ左打ち」のメリットとは、

・「左投げ」だと守れる守備位置が限定的となるため「右投げ」がいい
・「左打ち」は1塁までの距離が近いため出塁する確率が高まる
・「左打ち」は体を流しながら打つ事ができるため「右打ち」よりも打ってからのスタートが早くなる

などが大きなものです。。

様々なな倫理観はあるとは思いますが、最も大切なことは、試合に出場し、結果を残すことです。

シビアに考えた方が良いポイントだと思います。

「右投げ右打ち」や「左投げ左打ち」がいけないという事ではなく、メリットを考えた時に「右投げ左打ち」が有利だということです。

「小学生」や「中学生」の頃に「バッティング」にしっくりきていないのであれば、早いうちに「シフトチェンジ」してみるのも一つの手かもしれません。

決して絶対変えろと言っているわけではありません。

サッとよく考えてみてくださいね。

メジャーリーグで活躍した「松井選手」、「イチロー選手」も「右投げ左打ち」でしたね。

いかに有利な形でプレーできるかは、試合に出るポイントであり、長く野球をするためのポイントであるような気がします。

あまり難しく考えたり、固執しすぎたりせずに、感覚的に捉えていきましょう。

技術向上の関連記事

Contents Menu

カーブを投げる時、実は手首をひねらないって知ってた?
練習をさぼるススメ ~サボる選手ほど活躍している悲しい野球界~
【第2話】不安にかられずに投げ切れるか ~打者をてだまにとる投球術~
「体幹」を知らずして「体幹トレーニング」をするのは無意味です。 ~「体幹」のイメージのやり方~
「右投げ左打ち」のススメ ~「右投げ左打ち」が一番有利な理由~
あなたが野球を辞めたいと思っても それは野球のことが大好きだから ~全力だからおきる野球の矛盾~

最新記事のチェックにフォローしよう