週間記事

野球肩革命所~1週間まとめ記事(2016年5月9日~5月15日ver.)

野球肩革命所~1週間まとめ記事~

いつもご覧になって頂きありがとうございます! 先週の記事でお見逃しになったものがあれば、今回のまとめ記事でぜひチェックしてみてくださいね。

今週の記事は以下になっております。

hijyoushiki_660-343

headerimg_carbon

野球肘で注意しておく3つの痛みエリア
野球界は考えられない人間を排出し続けてどうするのか? ~人間ロボット工場 株式会社「野球界」~
【野球肩の対策】野球選手が上手くなりたきゃ「内旋」・「外旋」を理解しろ!
【野球肩への対策】筋肉の硬化ばかりが注目されますが・・・関節が筋肉を硬化する
野球肩の対策にアイシングは意味をなしてないって知ってた?
【野球肩の対策】ストレッチが肩関節の可動範囲を狭めている?!
【野球肩への対策】肩関節の構造を知ろう。

野球肘で注意しておく3つの痛みエリア

「野球肘」で悩まされている野球選手はたくさんいます。しかし、自分の身体について勉強をし始めるのは、きまって「野球肘」になってからです。

もし仮に、まだ発症していないのであれば、この3つのエリアの痛みに気をつけましょう。早期発見が何よりも大切です。

yakyukata_article201

野球界は考えられない人間を排出し続けてどうするのか? ~人間ロボット工場 株式会社「野球界」~

野球界では、「伝統」という言葉を隠れ蓑に、「考えること」を排除した文化ができあがっています。

しかし、「伝統」とは、聞いた話を伝えることではありません。先輩が楽をするためだけの仕組みであってはなりません。

yakyukata_article203

【野球肩の対策】野球選手が上手くなりたきゃ「内旋」・「外旋」を理解しろ!

あなたは「内旋」・「外旋」という言葉をご存じですか?

野球選手であれば、毎日必ずお世話になっている身体の機能です。もし知らないのであれば、この機械にぜひ知っておきましょう。

yakyukata_article204

【野球肩への対策】筋肉の硬化ばかりが注目されますが・・・関節が筋肉を硬化する

「野球肩」などの故障だけでなく、「疲労」レベルでも、「筋肉の硬化」が注目されえばかりいますが、なぜ「筋肉」が「硬化」しているのか考えたことはありますか?

「筋肉を使い過ぎたから・・・」では考えが短絡的すぎます。

yakyukata_article205

野球肩の対策にアイシングは意味をなしてないって知ってた?

野球選手、なかでも「投手」であれば、投球後に必ずといっていいほど「アイシング」を行います。しかし、医療の分野では「アイシング」に意味がないことは常識的になっています。

昨年まで現役で活躍されていた「山本昌」投手も「アイシング」をしないことで有名ですよね。

yakyukata_article206

【野球肩の対策】ストレッチが肩関節の可動範囲を狭めている?!

「野球肩」の治療において「可動範囲」に注力することがあるぐらい、故障や怪我において「可動範囲」は大切な要素になってきます(ただし可動範囲が広ければ治るというわけではない)。

そんな「肩関節」の「可動範囲」を、「ストレッチ」が狭めているとしたら、あなたはどうしますか?

yakyukata_article207

【野球肩への対策】肩関節の構造を知ろう。

野球選手は「身体」を自由に動かせられるからこそ「野球」をプレイすることができます。それにも関わらず、「身体」の知識はまったく勉強することはありません。

これは、「ブレーキ」の使い方を知らずに、「自動車」の運転をしているようなものです。まずは一番お世話になっている「肩関節」の構造を勉強しておきましょう。

yakyukata_article208

週間記事の関連記事

Contents Menu

野球肩革命所~1週間まとめ記事(2016年4月4日~4月10日ver.)
野球肩革命所~1週間まとめ記事(2016年5月16日~5月22日ver.)
野球肩革命所~1週間まとめ記事(2016年4月18日~4月24日ver.)
野球肩革命所~1週間まとめ記事(2016年3月28日~4月3日ver.)
野球肩革命所~1週間まとめ記事(2016年5月9日~5月15日ver.)
野球肩革命所1週間まとめ記事(2016年3月14日~3月20日ver.)

最新記事のチェックにフォローしよう