野球肩・肩のケア

【野球肩への対策】9割の投手が野球肩予備軍の選手だって知ってた?

【野球肩への対策】9割の投手が野球肩予備軍の選手だって知ってた?

野球選手の投手のように、「投げる」という動作を反復し続けることは、「肩関節」に多大な負担をかけていることに間違いはありません。

つまり、「体に良くない投げ方」で、「回復も促さず」、「酷使し続ける」と、「肩関節」はいつか悲鳴をあげてしまいます。

残すは選手毎のタイミングだけで、いつかは必ず故障します。

そういう意味では、投手の9割は野球肩予備軍と言えます。

「野球肩」は野球選手の選手生命を絶つには十分すぎるほどの故障です。

とんでもない剛速球を投げていた選手が、「塁間も投げられなくなり、フォームもぐちゃぐちゃになってしまう・・・」というような光景を私はたくさん見てきました。

それは、選手として活動している期間にも、また治療家として活動している期間においてもです。

もっと言えば、自分自身でも経験しました。

私も、ドラフト候補に上がっていた時の投球動作と、肩を痛めて四苦八苦していた時のフォームは全く違っていました。

しかし、元の投げ方に戻そうとしてもも、痛くて戻せない自分がいました。

それは「野球肩」に一度なったことのある選手であればご理解いただけると思います。

これは冷静になって考えれば分かることなのですが、元に戻せば、その身体の使い方は故障をするため(?)のフォームなので、痛いのは当然です。

ケアや治療をしても根本的なところを修正しなければ、「野球肩」から復活することはありません。

こんな単純なことにも気づかないのが、現在の野球界だということです。

「野球肩」は野球選手にとって致命的となる故障であるのにも関わらず、とても故障しやすい状態にあることを理解しておく必要があります(「肩関節」は「不安定」だからこそ「凄い」 この意味が理解できればあなたは上手くなる)。

投手が野球肩にならないためには恋をせよ?!

野球選手、なかでも投手は「肩」に対して、「恋人」や「好きな人」にかける想いと同じぐらいの思いを抱いて当然です。

あなたは、好きな人ができました。

あなたはその人がとても大好きです。

「毎日話したい」、「毎日会いたい」、「常に一緒にいたい」という気持ちが溢れています。

しかし、その恋人はまだあなたの思いには気づいていません。

そういった人ができたとき、あなたはその人に何をしますか。

その恋人に気づいてもらうために、そして振り向いてもらうためにどんなことをしますか。

あなたは好きな人を振り向かせるために様々なことを考え、行動していくでしょう。

これを、「肩関節」に置き換えて考えてみてください。

「肩関節」を味方につければパフォーマンスは向上します。

ただ、酷使させ続けていては、あなたの味方にはなってくれません。

あなたが「肩関節」から好きになってもらうためには、労わてあげなければなりませんし、「肩関節」について知ってあげなくてはいけません。

それぐらい野球選手にとって「肩関節」は大切な存在です。

「肩関節」のことを好きになってあげることが、故障のリスクを下げ、パフォーマンスを高める第一歩です。

故障をしてしまえば、それまでにどんな練習をしていたとしても水の泡になってしまいます。

なかでも「野球肩」は、再起することすらできなくなってしまう「故障」です。

いま故障していなかったとしても、今すぐ考えはじめましょう。

 

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩を治療するその前に股関節とお腹を整えよう。
肩の仕組みを知ることは上達するための第一歩ですよ。 ~肩関節のインナーマッスルとは~
野球のウォーミングアップのおかしなトコロ ~野球の常識はスポーツの非常識~
投手に本当に必要なウォーミングアップとは
野球選手には「股関節」と「肩関節」が大切 ~野球選手が上手くなりたければ「関節」について学べ~
お父さん・お母さんにできる子どもの野球肩を防ぐケア方法

最新記事のチェックにフォローしよう