野球肩・肩のケア

肩周りが柔らかいから大丈夫・・・が野球肩に最も危険

【野球肩の対策】肩周りが柔らかいから大丈夫・・・が野球肩に最も危険

野球選手は、健康的な時であれ、治療期間であれ、病院やトレーナーの方、野球関係者たちがいうことがあります。

それは、

肩甲骨周りの筋肉は柔らかい方がいい

というものです。

しかし、これは「ある意味では正解で、ある意味では間違っている」ということを理解しているでしょうか。

仮に、先の言葉を妄信しているのであれば、その考え方をもっていることが、最も「野球肩」のリスクを高めてしまっているかもしれません。

しっかりと「肩関節」や「肩甲骨周りの筋肉」の知識を学ぶようにしましょう。

【野球肩の対策】肩周りが柔らかいことより大切なこと

「肩甲骨周りの筋肉」は確かに、「硬い」よりは「柔らかい」方がいいと思います。

しかし、

静止時と投球時では異なる

ということを理解していなければ意味がありません。

「静止時」に「肩甲骨周りの筋肉」が緩んでいても、投球時にどれだけ緩み、力が入るべき時にはしっかり力が入ってということの方がより重要です。

力が入るべきではない時に、力が入ったり、入って欲しい時に入らないということであれば、どれだけ「肩甲骨周りの筋肉」が柔らかくても野球選手としては意味がありません。

しかし最大の問題は、投球動作の大半は無意識下で行われるため、意識的に筋肉を収縮させることはできません。

つまり、「反射」を適切に操る必要性がでてきます。

通常の動作は、「脊髄とのやりとり」や「脳とのやりとり」により動くものですが、投球動作の時間を考えると「脳」まで情報を届けることなく行っている動作が大半だと考えられます。

【野球肩の対策】「肩関節」の適切なポジショニング

しかし、「反射」を操るといっても、またもや無意識下で行われていることなので、またもや難題にぶつかります。

「肩関節」や「肩甲骨周りの筋肉」の構造を考えると、「肩甲骨」の受け皿にあたる部分の中心で、「腕の骨」の頭の中心がしっかり合っている状態を創る必要があります。

(「肩関節」周りの構造についてはコチラを確認>>>『【野球肩への対策】ボールアンドソケットって知ってる?』)

「肩甲骨周りの筋肉」が柔らかくても、投球時に上記の状態でなければ、故障リスクを高めることになります。

いわゆる「野球肩」の危険性がある状態です。

【野球肩の対策】「肩関節」の適切なポジショニングの作り方

では、「肩甲骨」の受け皿の中心と、「腕の骨」の頭の中心を一致させるにはどうすればいいのでしょうか。

しかし先ほども記した通り、これは「反射」によって行われているため、意識的には行えないので、身体の機能に任せることになります。

しかし、中心にあるとかないとかは、自分の感覚を研ぎ澄ますことができれば感じることができます。

そのため自分の感覚を大切にするべきだと思います。

そうすれば、その感覚に近づけるような練習を自分で考え、試行覚悟することで、中心を一致させることができるようになります。

ここに具体的な方法がないのは、人の体が人それぞれ異なるため、同じ方法が実践できないためで、当然と言えば当然の話です。

むしろ絶対的な方法を言われたとしても、自分の身体に違和感を感じるのであれば、その感覚の方が正解です。

「肩関節」は、「腕の骨」の動きによって、引っ張られながら動いていますが、バランスも大切で、連携がうまくできないと「体幹」から「末梢」への力の伝達ができません(『「体幹」ってなんのことか知っていますか? ~体幹には肋骨も含まれます~』)。

「肩甲骨」と「腕の骨」の動きは密接な関係性があり、どれか一つでも条件が欠けてしまうと一気に怪我につながるリスクが高まってしまいます。

「肩甲骨」が適切に動けばいい、「肩関節」が柔らかいからいい、というような単純なものではありません。

柔らかくても縮んで欲しい時には縮み、緩んで欲しい時には緩むという条件が大切だということになります。

 

【野球肩の対策】「肩関節」の適切なポジショニングをとるトレーニング方法

しかし、具体的な練習方法がないわけでもありません。

それは

「MONOBUN/モノブン」を使ったトレーニング方法

です。

「MONOBUN」は究極のバッティングトレーニングアイテムとして開発された製品ですが、その根本的な原理は、「その人にあった身体の使い方を知る」ことです。

そのため、実際に「MONOBUN」を振っていた選手が、身体の使い方を知ることで、その感覚をピッチングにも活かし、投球のパフォーマンスを高める体験談が後を絶ちません。

人間の身体は、あらゆる部分を連動させることで「動作」を完了しています。

「MONOBUN」を使って「身体がまとまる」感覚をぜひ体感してみてください。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩を完治させるための注意すべき痛みの場所
野球肩を未然に防ぐための肩関節のハナシ
【野球肩の対策】肩関節が柔らかいから大丈夫・・・は嘘?!
野球肩の前の痛みを自分でできるチェック方法と治療方法
野球肩で治療する前にやって欲しいチェック方法
お父さん・お母さんにもできる野球肩を防ぐマッサージ方法【図解付き】

最新記事のチェックにフォローしよう