野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がないpart2

野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない

以前の記事(『野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない』)で、胸の領域の大切さをお伝えしました。

タイトルにもあった通り、「野球肩」で「肩」に「痛み」が出た時に「肩」ばかり気にしていては、本当の意味で治ることはありません。

なぜなら、「ボール」を投げるという行為は「肩」だけで実現しているわけではないからです。

そして、本当の意味で「治療」や「対策」をするためには、

「筋肉」の「柔軟性」ではなく、「関節」に適切な動きを与える必要がある

とお伝えしました。

今回は、もう少し「関節」について詳しく記したいと思います。

まずは前回の復習部分から記していきます。

>次のページ:【野球肩の対策】投球する時に働いているのは「肩関節」だけではない

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球肩を知識で防止しよう~投手の肩を徹底解剖~

2015年11月14日

野球肩の対策は肩関節に違和感が出た時に最大限せよ

2017年3月22日

野球肩の本質~野球肩の痛みと原因・治療法について【5】

2017年9月8日

野球肩が完治しにくいのは誤診が多いからって知ってた?

2017年3月16日

野球肩の本質~野球肩の痛みと原因・治療法について【7】

2017年9月10日

お父さん・お母さんにしか子どもの肩は守れない ~野球肩の原因を知る~

2016年9月14日