野球肩・肩のケア

野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がないpart2

野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない

以前の記事(『野球肩を本気で防ぎたければ肩ばかり気にしていては意味がない』)で、胸の領域の大切さをお伝えしました。

タイトルにもあった通り、「野球肩」で「肩」に「痛み」が出た時に「肩」ばかり気にしていては、本当の意味で治ることはありません。

なぜなら、「ボール」を投げるという行為は「肩」だけで実現しているわけではないからです。

そして、本当の意味で「治療」や「対策」をするためには、

「筋肉」の「柔軟性」ではなく、「関節」に適切な動きを与える必要がある

とお伝えしました。

今回は、もう少し「関節」について詳しく記したいと思います。

まずは前回の復習部分から記していきます。

>次のページ:【野球肩の対策】投球する時に働いているのは「肩関節」だけではない

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

マッサージが否定される日があることを知れ
野球肩の治療をする前に魚由来のコラーゲンを食べよ!
野球選手の「イップス」って何なの? ~イップス対策にはまずイップスを知ること~
野球肩を治療する前に「柔軟性」と「しなやかさ」の違いを知ろう。
野球肩の原因は肩にはない?! ~野球肩への適切な対処方法~
チューブトレーニングでインナーマッスルを鍛えるデメリット

最新記事のチェックにフォローしよう