野球選手にとって下半身が大切な本当の理由

野球選手にとって下半身が大切な本当の理由

野球選手にとって、なかでも投手にとっては「下半身」がとても重要な役割をしています。

そして「下半身重要説」は昔から呪文のように繰り返し伝えられています。

しかし、だからと言って

「下半身が大切」だから「トレーニングが必要」で鍛えることが大切だということではない

ということを理解しているでしょうか。

大切だから「筋肉」をつければいいというわけではありません。

では、そんな重要な役割をする身体の部位に対してどう考えることが適切なのでしょうか。

もちろん、何もしなければ上手くなることはありません。

最も大切なことは

「下半身が大事」=「うまく使えるようにすること」

という考え方をもつことです。

この考え方をもって「下半身」に関する「認識」を変えなければ、いくら走り込んでもパフォーマンスは上がらないし、いくら「筋トレ」をしてもパフォーマンスは上がりません。

「怪我」・「故障」も減らなければ、むしろ「怪我」・「故障」が増えるような状態になります。

確かに、「走り込み」や「筋トレ」によってパフォーマンスが上がった経験を持つ選手もいるため「走りこみ」や「筋トレ」が100%駄目であるとは言い切りません。

しかし、得られた結果は、「走りこみ」や「筋トレ」で、たまたま「下半身の使い方がうまくなる」ような方法をとっていたためです。

大半が偶然でしょう。

しかも仮に、一度良かったとしても継続することは難しいでしょう。

解決法は簡単で、

「走りこみ」や「筋トレ」をしなくても下半身がうまく使えるようにすれば過剰に行う必要はない

ということです。

ここまで言い切る理由は、

「走りこみ」も「筋トレ」も、「投げる」という「動作」において、「筋肉」の「収縮形態」や「神経の伝達形態」が違うから

です。

そのため、厳密に言うと意味がないということです。

そのため「走り込み」の練習を強要される状況にあるなら、可能な限り「上手くサボる」ことをおススメしています(『ダルビッシュ投手も走り込みを完全否定~野球選手に走り込みはノーメリット』)。

>次のページ:ストレッチの上手いサボり方

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

投手がスナップを使えば投球ができない

2017年10月13日

チューブトレーニングにもデメリットがあるって知ってた? ~筋肉の硬化による故障~

2016年1月20日

野球選手に走り込みはいらない理由まとめ ~あなたは何のために走るのか~

2016年5月31日

身体を安定させるために必要な筋肉の知識

2016年12月7日

野球選手がやっている短距離ダッシュに意味はない

2017年6月3日

投手が手首をいくら筋トレしてもスピードが速くならない理由

2017年11月9日