ストレッチはいい加減にやった方が効果が大きいって知ってた?

ストレッチはいい加減にやった方が効果が大きいって知ってた?

野球選手は「ストレッチ」を丁寧にやっておくように指導されます。

そして真面目な選手ほど、その言葉を忠実に守り、長時間かけて「ストレッチ」を行います。

しかし実は、

「ストレッチ」はいい加減にやっている人の方が効果がある

って知っていました?

そもそも「ストレッチ」の目的は何でしょうか。

恐らく大半の人は、

筋力をアップさせながら可動域を広くする

ことが目的ではないでしょうか。

もしくは「筋力」をアップさせないまでも、可動域を広くしたいと考えているのではないでしょうか。

ところが

現在の野球界で行われているストレッチは、可動域が広がらないか、可動域が広がっても筋力が低下してしまっている

のが現実です。

>次のページ:ストレッチをすると筋力が低下している

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

プロ野球選手のケアはケアになっていない ~プロ選手の真似を意味しても意味なし~

2016年4月10日

野球選手が考えている柔軟性なんて野球に必要ない

2016年4月4日

野球選手のストレッチに意味がない?!~ストレッチをしているのに故障する理由~

2016年3月20日

アキレス腱をストレッチで伸ばすとキレやすくなる

2016年9月6日

投手の投球前にストレッチは必要ない?! ~投手のコンディショニングに必要なこと~

2016年5月4日

意味のあるストレッチをやっている野球選手はほとんどいない

2017年2月24日