ストレッチ

野球選手の親が子どもの身体をケアする方法の学び方

野球選手の親が子どもの身体をケアする方法の学び方

ここ最近、「野球肩革命所」に寄せられる問い合わせの多くが、野球少年を子どもに持つ親御さんから頂きます。

そんな親御さんが最も心配していることは、

自分の子どもが怪我・故障をしないか

ということです。

技術力が向上することも望んでいるのは確かですが、それ以上に子どもの健康の方が大切であることは言うまでもありません。

しかし実は、

この発想こそがこれからの野球選手にとって技術を向上させる可能性がある

んです。

これからの野球選手は、「身体の適切な使い方」と「回復の促進」だけ考えていれば上達してしまう側面をもっています。

ここ最近では「治療家」、「トレーナー」の質が落ちてしまったのか、「治療」というよりも「マッサージ」の側面が強くなっているようです。

そのため、多くのケースで「痛み」を取り除き、根本的な原因を改善できていないようです。

「ケア」と一言で言っても世の中には様々な方法が存在しています。

また様々なケースに応じて「ケア」の方法は異なってきます。

「部位別」、「環境別」、「期間別」など、状況によって臨機応変に対応できるようにしていかなくてはなりません。

それにも関わらず、野球界で行っているケアの方法とはどのようなものでしょうか。

おそらく

ストレッチをするか整骨院で電気を流すかの二つぐらい

でしょう。

人の身体は人それぞれで、環境もタイミングも異なるにも関わらず、これで本当にいいのでしょうか。

良いはずありませんよね。

しかし、そんな状況を作っているのには理由があります。

それは

野球界では人間の身体の構造を勉強する機会がない

からです。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

そんな知識やケアの方法をお子さん・親御さん一緒になって勉強することができます。

どしどしご応募ください。

応募はコチラから(「野球肩革命所チームトレーナーPJ受付フォーム」

 

ストレッチの関連記事

Contents Menu

野球選手にストレッチはいらない
野球界からマッサージやストレッチが否定される日は近い
未だに無駄なストレッチをしているのですか? ~野球選手のストレッチは故障の予防にはなっていないという事実~
野球選手のストレッチやマッサージには意味がない
あなたのストレッチは無意味だったらどうしますか?
ストレッチはいい加減にやった方が効果が大きいって知ってた?

最新記事のチェックにフォローしよう