非常識

勝つために最も重要なことは練習ではありません。

野球で勝利するために一番必要なこととは

野球の試合に勝利するためには何をするべきなのでしょうか。

皆さんが想像する通り「練習」が必要なことは言うまでもありません。

日々過酷な練習やトレーニングをするのは、「試合に出るため」、「試合で勝つため」であるのは紛れもありません。

しかし、それでも、「勝率の良いチーム」、「勝率の悪いチーム」が存在するのは必然です。

では勝利をし続けるチームの条件とは何なのでしょうか。

それは、

勝負の駆け引きや、その他の相性など、「見えない要素」が大きく関与していることに気づいているか

ということです。

ここに注目していくことで、練習内容やトレーニング内容も変化してきます。

野球選手に大切な「見えない要素」とは

それでは野球に関わる各人はそれぞれ何を考えてやればいいのでしょうか。

・選手は、日頃の練習の成果を発揮することに集中する
・監督やコーチは、選手の日頃の練習で状態を確認する
・コーチは、試合に臨むまでの選手の細かい状態を把握する
・監督は、相手チームの特性を理解し、自分のチームがどうやって勝つかの戦略を立てる

などがあげられるでしょう。

これらの様々な要素が、相手チームに勝れば、または、あるタイミングで勝っていれば試合に勝つことができます。

つまり、

監督やコーチ、及び選手を含む全ての人たちが一体となることが求められるということ

です。

一番最高な状態は、口で伝達しなくても意思疎通が図れているチームになることです。

「投手」と「捕手」のコミュニケーション、「内野」や「外野」、「選手」と「コーチ」、「コーチ」と「監督」、「選手」と「監督」、これらのコミニケーション関係が全てに影響してきます。

しかし、これはよくありがちな「仲良し野球」という意味ではありません。

「ミスしない」ことが間違いなく最強の野球

仮に意思疎通を図っていたとしても試合に勝つことはできません。

あくまで意思疎通が図れているというのは大前提のハナシです。

そこから最強の野球チームになるためには大切なことがあります。

また勝つチームというのは必然的に行っていることです。

それは、

選手は選手の役割をミスなく果たし、監督やコーチも同様にミスをしないこと

です。

人間なので必ずミスがあります。

しかし「ミスしないこと」を実現することが最も強いチームの条件です。

ミスしても「ドンマイ」と言っているチームは強いチームになりません。

「ミス」を如何に減らすことができるかが勝利の分かれ目です。

練習をしていることは当たり前、意思疎通が図れていることが当たり前の世界です。

どのような練習をすれば、試合中にミスなくプレーができて、意思疎通を図ることができるかを真剣に考えなければいけません。

練習では打てるけど、試合ではなかなか打てない・・・ではまったく意味がありません。

練習中の状況と試合中の状況でどう違うのか考え、その差を埋めるような努力をしなくてはいけません。

すると野球界でやっている練習は、練習のための練習にしかなっていないと思いませんか?

気持ちの問題ではなく、そもそも行っている練習自体を根本的に変えなければ、野球界の進歩は望めないでしょう。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

非常識の関連記事

Contents Menu

今年の冬場は筋トレをしない方が上手くなる
野球選手全員がベースランニングを必死でやるのは無意味
上手くなりたきゃ自分の「関節」を知れ!
野球肩を治療する前に野球肩革命所を読んで頂きたい理由
野球選手が腰を痛めやすい理由~股関節と足の筋肉が重要~
親子で守る子どもの野球肩対策~肩関節のケア方法

最新記事のチェックにフォローしよう