トレーニング

投手の方が打者よりも圧倒的に優位

投手の方が打者よりも圧倒的に優位な立場

野球の一番の勝負所といえば、「打者」と「投手」の「駆け引き」の「瞬間」ではないでしょうか。

この「駆け引き」の「瞬間」の連続で、「野球」の「試合」が出来上がっています。

では、その「駆け引き」の「瞬間」は、「打者」と「投手」でどちらの方が有利と言えるでしょうか?

それは、

投手の方が圧倒的に有利

です。

これは「確率」をみれば一目瞭然で、「打者」は好打者と言われても「3割」そこそこです。

つまり「7割」は「投手」の勝利に終わるということを意味しています。

ここまでは、大半の人が感覚的に分かっていることだと思いますが、

ではなぜ「投手」の方が圧倒的に有利な理由なのか考えたことはありますか?

 「投手」が「打者」に対して有利な理由

上記の問に対して、絶対的な正解というのは存在していませんが、「takebat.com」としての考え方があるのでシェアしたいと思います。

「投手」が圧倒的に有利になる最大の理由は、「集中」に答えがあります。

つまり、

「投手」と「打者」では「集中度」の違いが投手を圧倒的有利にしている

ということです。

ちなみに

「集中」とは「自分に意識を向けること」

を意味しています。

その「集中」が物理的に投手の方が圧倒的にやりやすい立場にあります。

それは何故でしょうか。

簡単なことですよね。

それは

ボールを持っているから

です。

つまり、試合は「投手」が「投球」しない限り始まりません。

そのため「投手」主体で進められるので、「投手」は自分へ意識を向け、外部の情報を断ち切っても問題のない状態ができるため有利に勝負を運ぶことができています。

反対に「打者」はボールを待つことしかできず、「投手」に意識を持っていく状況を迫られるため、「集中」が弱くなってしまいます。

つまり「打者」は基本的に受け身でいることしかできません。

その結果が、「投手」が7割以上の勝率を生み出す状態を作り出しています。

集中度合いを高めれば勝率が高まる

では、そもそも投手の方が勝率が高い中で、投手がさらに勝率を高めていくためにはどうすればいいでしょうか。

簡単な話ですよね。

それは

より集中中度合いをまして、その集中を維持する時間を長くすること

です。

と、簡単に記してしまいましたが、「集中力」を増すためにどうすればいいのか分かりにくいものです。

また、人間は「集中しなければいけない」という意識を持てば持つほど「集中状態」から遠のいてしまうといったやっかいな性質ををもっています。

大半の人に経験があると思いますが、集中している状態というのは後になって分かることです。

「集中しなければいけない」と思っている時点で集中できていないことは明らかです。

では、どうすれば「集中」することができるのでしょうか。

それは、

出来る限り力をぬいてリラックスすること

です。

なんだ簡単だ・・・と思った人は「リラックス」を侮ってはいけません。

これもまた「リラックス」とは人間にとっては難しい行為です。

リラックスの難しさについては『野球が上手くなりたいなら筋肉に余裕を与えろ!』をご覧になってください。

では、そんなリラックスを簡単に実現させるようなトレーニング方法はないのでしょうか。

もちろんあります。

そんなリラックスを実現するためにオススメのトレーニングは

MONOBUNを使ったトレーニングを取り入れること

です。

MONOBUNはバッティングトレーニングのアイテムとして開発された製品ですが、その根本的な原理を知れば、あらゆる動作に応用することができることに気づくはずです。

詳しくは、『MONOBUNはバッティングだけが良くなるトレーニングアイテムではありません。』をご覧になってください。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

トレーニングの関連記事

Contents Menu

投手の方が打者よりも圧倒的に優位
野球選手は練習すればするほど勝利のための練習ではなくなる
「体幹」を使った投球とはどんな投手? ~野球界の「体幹」の捉え方はおかしい~
野球選手にとって下半身が大切な本当の理由
野球の体幹トレーニングが否定される日は近い
野球選手が身体を限界まで追い込むトレーニングに意味はない

最新記事のチェックにフォローしよう