非常識

全身を使って投げようとすれば全身は使えない

全身を使って投げようとすれば全身は使えない

投手であれば一度は

全身を使って投げろ

と言われたことがあるでしょう。

そして、素直な選手たちは、その教えの通りに全身を使って投げようと必死で練習していると思います。

確かに全身を使って投げることができれば、勢いのあるボールを投げることができそうです。

全身を使って投げることのメリットとは

一つ一つの筋肉だけでは小さな力しか出せないものが、複合的に筋肉が動員されることで大きな力を生み出すことができる

ということです。

しかし、「全身を使って投げる」ためには注意しなければいけないことがあります。

それは、

全身で投げるということは、全身に力を入れて投げろということではない

ということです。

だいたいの選手が勘違いをしてしまっているため、全身で投げようとすればするほど、全身に身の毛もよだつほど力を込めようとします。

しかし、力を込めれば込めるほど全身で投げることはできません。

全身を使って投げるとは、

地面からの力を下半身を適切に使うことで、上半身に伝え、そこから腕に伝え、ボールに伝えていくということをスムーズに行うことができるようになること

です。

もっと簡単な表現を使えば

リリースの瞬間に可能な限り100%に近いエネルギーを伝えること

です。

全身の力を可能な限り、余すことなくボールに伝えることが、全身を使って投げるということです。

次のページ:全身を使って投げるために必要なこと

非常識の関連記事

Contents Menu

勝つために最も重要なことは練習ではありません。
野球選手が腰を痛めやすい理由~股関節と足の筋肉が重要~
野球選手のプレッシャーとの闘い方
投手に必要な練習は、打者を抑える練習をすること
野球界のシーズンオフは間違いだらけ ~投手のシーズンオフの過ごし方~
「右投手」と「左投手」を左右対称で考えてはいけない理由

最新記事のチェックにフォローしよう