投球術

勝つ投手になるためにやらなければならないこと

勝つ投手になるためにやらなければならないこと

野球はどうしても「投手」が花形です。

様々な意見もあると思いますが、野球において「投手」は最も目立つと同時に、最も活躍できるポジションです。

試合の勝敗さえも投手の調子が7~8割も要因を占めるほどです。

そんな「投手」だからこそ、ある特徴を兼ね備えている傾向にあります。

それは

大半の投手が自己中だということ

です。

つまり、自分のプレーに酔ってしまう傾向にあるということです。

なぜこのようなことが言えるのかというと、私自身もそうだったので誰よりも気持ちがよくわかります。

投球練習では、「自分の決まったところにイメージ通りのボールが投げれればとても気持ちの良い投球練習だった」と感じます。

しかし、ここには大切なことを忘れてしまっています。

それは

自分のイメージが試合でできたとしても0点に抑えられるかは別の話だということ

です。

逆に言えば、試合では思ったところに投げられなくても、0点に抑えられてしまうことがあります。

この事実にはできるだけ早く投手は気づかなければなりません。

この事実に気づけば、大きな変化が生まれます。

それは

自分にとって気持ちが良いボールを投げるよりも「打者」が打ちにくいボールを投げることが大切という考え方に切り替わる

ということです。

これは「勝てる投手」の第一条件です。

>次のページ:勝つ投手になるために今すぐやらなければならないこと

投球術の関連記事

Contents Menu

優秀な投手だけが知っている正しい決め球の考え方
投手のボールの握り方なんて何でもかまわない。
投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる
投手はボールを前で投げると低めにいかない
勝つ投手とは
投手に必要な練習は、打者を抑える練習をすること

最新記事のチェックにフォローしよう