野球肩・肩のケア

マッサージが否定される日があることを知れ

マッサージは不必要

野球肩の治療や対策として、様々なマッサージやストレッチを行っている選手はたくさんいると思います。

野球肩だけでなく、様々な故障の対策としてマッサージやストレッチは良いモノであるという認識が一般的です。

少なくとも、ストレッチやマッサージは効果が低かったとしてもデメリットを生み出すものではないと考えられています。

実際、プロ野球選手を始め、社会人野球選手の多くは、試合後や練習後にマッサージを積極的に受けるようにしています。

職業野球人でなくても、多くの野球選手がマッサージを積極的に取り入れていると思います。

しかし、野球肩革命所を常日頃愛読いただいている方はご存じだと思いますが、

マッサージは疲労回復にもケアにも役立っていません。

もっと言うならば、野球選手がやっているようなストレッチにも疲労回復や身体のケアには意味をなしていません(『野球肩を治療する前に肩のストレッチのデメリットを知ろう。』)。

詳しい理由は後述しますが、意味がないのに、すべての野球人がやってしまっている強大な理由があります。

それは

ストレッチやマッサージが気持ち良いから

です。

この「気持ちいい」が中々のやっかいなヤツで、脳の視床下部から快感物質が出ている状態です。

この物質はモルヒネに似た物質で、中毒性、依存性がある物質です。

そのため効果があるような気がする上に、やめられなくなってしまいます。

ちなみに私も、現役時代にはマッサージやストレッチを多く取り入れ、ケアをしているつもりになっていました。

それにも関わらず、怪我が多い選手でした。

あげくの果てには、野球肩によって現役を引退することになっています。

では、私はマッサージやストレッチをしなければもっと故障が多かったのでしょうか?

私はそうは思いません。

(一般的な)身体のケアやメンテナンスなんか全くせずに、遊びやパチンコなどに一生懸命な選手の方が故障しないというケースに多々遭遇してきました。

野球選手引退後、自分の体験を基に、治療家として身体のケアを徹底研究していると、野球選手にとってマッサージやストレッチは大した意味がないことが分かってきました。

やるだけ時間の無駄だなという考えに至っています。

むしろパフォーマンスの面で言えば、低下させているポイントもあることに気づきました。

>次のページ:マッサージが野球肩などの対策にならない理由

マッサージが野球肩などの対策にならない理由

マッサージを詳しく見ていくと、

マッサージとは体に刺激を与え、体から「反応」を引き出し、それに伴って「体調の改善」や「不調の除去」に役立つ

と考えられています。

ここで注目すべきことは「反応」を起こしていることです。

この「反応」というのが問題を持っています。

「反応」というのは数分から数十分で元の状態に戻ってしまいます。

分かりやすいところで言えば、軽く皮膚をつねった時に患部が赤くなります。

しかし、時間が過ぎれば、元通りになると思います。

これが分かりやすい「反応」の一種です。

けっして戻った後の皮膚が強くなっているわけではありません。

マッサージは、ほんの数分間だけ回復に似た状態を感じさせてくれます。

しかし、野球選手に本当に求められることは違います。

野球選手が本当の意味で求めなければいけないものは「効果」です。

>次のページ:野球選手にとって必要な身体のケアは気持ちよさではない

野球選手にとって必要な身体のケアは気持ちよさではない

効果とは、

物事が望ましい結果になること

を意味しています。

野球選手で言うところの望ましい結果とは何でしょうか。

それは

体の状態が回復し健康な状態ができる限り維持されること

です。

できる限りと書いたのは、ある一定の負荷はかけなければ野球選手としても問題だからです(『投手の全ては野球肩予備軍だから上手くなる』)。

野球をすれば、必ず体に疲労が蓄積されます。

疲労が蓄積すると、関節の可動域が狭くなったり、筋肉に張りや痛みが発生します。

その最終段階が野球肩や野球肘、ヘルニアといったプレーすらできなくなる故障です。

野球選手に必要な身体のケアとは

一大事になる前に、疲労を除去し、再び同じような疲労蓄積状態にならないようにすること

が目的です。

決して気持ちいい状態を作ることではありません。

>次のページ:野球肩を治療する前にマッサージが否定される日があることを知れ

野球肩を治療する前にマッサージが否定される日があることを知れ

ここに記した「身体のケア」の観点で見ていくと、「マッサージ」や「ストレッチ」では役不足であることが研究データとして報告され始めています。

あと数年もすれば、「マッサージ」や「ストレッチ」が必要ないという時代がやってくることでしょう。

今まで良いとされてきた方法の数々も、その時の何かの常識を否定し、生まれてきたものがたくさん存在しています。

マッサージやストレッチも、そういう意味ではいつ否定されてもおかしくないという感覚は少なくとも持っておいた方がいいでしょう。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問合せはコチラより(問合せフォーム)。

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

春のキャンプで調子がいいのはどうなのか? ~野球選手にとって必要なこと~
肩がコリコリ言うんだけどこれって大丈夫なの? ~野球肩の悩みナンバーワン~
投げ込みをするデメリットは知っててやっていますか?
【シェア拡散希望】野球選手が怪我でダメになる4人の悪人の存在
ノースローしても意味がない?! ~投手の肩は休めるだけでは完全回復しない理由~
試合中のケアが勝敗を分けます。 ~試合中のケア・メンテナンス方法~

最新記事のチェックにフォローしよう