野球肩・肩のケア

野球肩を防いで連投するならアイシングは危険

野球肩を防いで連投するならアイシングは危険

野球肩革命所では、野球肩を防ぐ上でも、パフォーマンスを向上させていく上でも、野球選手がアイシングを避けるべきだとお伝えしてきました(『アイシング不要論~アイシングをした末路と野球肩への効果』)。

野球選手の間ではアイシングが定番化してしまっていますが、その効果が否定される日はそう遠くはないでしょう。

日々、野球肩革命所をご覧頂いている方であれば想像はついているかもしれませんが、連投になればなるだけアイシングは避けた方がいいでしょう。

特にこの夏の大会では、どうしても連投が続いてしまうことがあるでしょう。

アイシングの本質は、

血流を阻害することで神経的な痛みやハリを誤魔化すことで瞬間的な苦痛から逃れること

です。

そのため、長期的な視点にたてばたつほど、アイシングは投手にとってデメリットを生み出してしまいます。

人間の身体は放っておいても、血流により疲労回復物質や栄養を伝達し、疲労物質を回収します。

それらを促進するためには、血流を促進させることです。

それにも関わらず、アイシングは反対の作用を行っています。

瞬間的な痛みから逃れるために、野球選手にとって最も果たすべき体調管理の本質を逸れてしまっています。

>次のページ:野球肩を防ぐためにアイシングを辞めてどうすればいいのか

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球のウォーミングアップのおかしなトコロ ~野球の常識はスポーツの非常識~
野球肩を他の故障と同様に考えていると危険
野球肩対策の常識/投手の肩は冷やすと悪くなるのは当たり前
野球肩は親が防ぐ!野球選手の親なら知っておきたい肩関節の特徴
【野球肩への対策】肩関節の構造を知ろう。
腕をただ必死に振るだけでは、投手の調子はよくなりません。

最新記事のチェックにフォローしよう