野球肩を本気で治療したければ肩が治りたがっていることを知れ

野球肩になった野球選手が一番にやること

では、野球肩になってしまった野球選手はどうすればいいのでしょうか。

それは、

野球選手が痛めてしまった肩は、肩自身が治る方向に働いている

ということを理解することです。

先ほども言いましたが、これは決してスピリチュアル的な話ではなく、人間の体の機能としての話です。

どれだけ頭で治りたいと思っていても、治りたくないと思っていても、体は無条件で治癒をする方向に向かいます。

肩関節も常にいつも正常な状態でありたいと故障箇所の修復に務めています。

となると、野球肩などの故障をしてしまって野球選手がやるべきことは一つだけです。

それは

自分の身体が治ろうとしている機能を促進してやること

です。

ただこれだけを心がけましょう。

そのためには、自分の身体機能を知る必要があります。

何が促進になり、何が妨げになるのか、そして何が無意味な行為なのかを知る必要があります。

妨げる行為の代表としては、

薬、注射、アイシング、手術、その他の体の生理的機能を阻害する行為

です。

これらは、瞬間的な痛みを取り除くことができても、痛みをごまかすことで、自身の自然治癒を阻害してしまいます。

慢性的になれば、そもそも治癒させることさえ諦めさせてしまいます。

今回の記事では、人間の身体の機能に触れましたが、何もこれは身体のケアやメンテナンスだけに言えることではありません。

野球選手としてパフォーマンスを効率的に高めるためには、人間の身体の機能を理解した上で利用することがもっとも大切です。

身体のケアやメンテナンスを考えることは、野球選手としてのパフォーマンスを高めることにもつながる本質はここにあります。

ぜひ、体が資本の野球選手であるならば、野球肩革命所を毎日読んで身体の特性を勉強してください。

野球肩や肩関節について学びたい方は以下の記事をご参考ください。

野球肩が治らない人は必読~治療法・予防法まとめ~

肩を痛める理由と原因~野球肩の痛みがとれない本当のトコロ~

野球肩まとめ2


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問い合わせはコチラまで(「野球肩革命所チームトレーナーPJ受付フォーム」

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?

2017年2月23日

野球選手には「股関節」と「肩関節」が大切 ~野球選手が上手くなりたければ「関節」について学べ~

2016年3月23日

野球肩を治療する前に野球肩と肩の柔軟性が関係ないことを知ろう

2017年4月8日

【保護者必見】成長期の肩や肘の痛みとの付き合い方

2015年11月19日

野球肩を治療する前に肩が痛いのか違和感なのかの違いを知ろう

2017年5月25日

野球肩の治療をする前にアイシングに効果があるのか検証しよう

2017年8月11日