野球肩を防ぎたいなら投球後は温めた方が良い。

野球肩を防ぐためには痛みのシグナルをごまかさない

患部が脳に対して、患部へと優先的に修復物質を送り込むために「痛み」となってアピールしています。

では、このシグナルを遮るとどうなるでしょうか。

確かに「痛み」は消えてしまうかもしれません。

しかし同時に、自然治癒力を抑制してしまうことになります。

つまり、患部の回復を遅らせることになります。

これは、投手の投球後に行うアイシングでも同様のことが言えます。

投手は投球を行うことで筋繊維などに微小断裂を発生させています。

すると、この微小断裂により肩周辺は熱を持ち、水が集まってきます。

その結果、投球後の投手は肩にハリやコリ、重たい印象を受けることになります。

しかしこれらの反応は修復作業のハジマリを意味しています。

そのタイミングでアイシングをすると患部が麻痺するため、突然回復したような感覚に陥ることができます。

ただし、それと同時に自然治癒力は低下しています。

野球選手にとって「その場の痛み」が大切か、「疲労回復の促進」が大切かは言うまでもないでしょう。

普段からアイシングをしていない某プロ野球選手からすれば、アイシングをすれば翌日投球することができないという感覚に陥るほどです。

>次のページ:野球肩を本気で防ぎたいなら自然治癒力を高めよう

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球肩を治療する前に自分の関節のことを知りましょう。

2017年4月6日

試合のための肩のケアって考えたことありますか?

2016年2月2日

腕をただ必死に振るだけでは、投手の調子はよくなりません。

2016年2月28日

【野球肩への対策】肩関節の構造を知ろう。

2016年5月15日

野球肩を再発させない適切な投球再開時期とは

2017年3月23日

肩の故障は一度やると、一生付き合っていくことになります

2015年10月28日