アイシングは野球肩の対策にはならない

野球選手の投球後の肩の炎症にはちゃんとした理由がある

そんなきっかけを阻害するとどうなるでしょうか。

アイシングには鎮痛作用があるため、確実に痛みや炎症をごまかすことが可能です。

しかしそれらの鎮痛作用はあくまで一時的なもので、その一時的なごまかしが疲労の回復を遅らせています。

つまりアイシングは、痛すぎて動けない時にどうしても動かなければならないための、あくまで応急処置的なものであって疲労回復を促進するものではありません。

むしろ、本来は動いてはいけない時に動かせてしまえるようになることを考えればデメリットがあって当然です。

そのデメリットこそが疲労回復の抑制です。

では反対に、患部を温めるとどうなるでしょうか。

温めることで一時的な炎症や痛みは増幅されるもののの、体温が上がることで体の血流が増し、疲労物質の回収と栄養の補給が促進されることになります。

野球選手に求められることはアイシングなのか、温めることなのかは一目瞭然でしょう。

一般的に言われていることの真偽は定かではないものがたくさん存在しています。

その真偽を確認する方法は簡単で、自分の身体で検証し、その後の変化を確認すれば済みます。

アイシングに代表される反対の出来事が起きる常識が野球界にはたくさん存在しています。

それにも関わらず、それらの対応策が延々と続いている大きな原因は、選手それぞれが検証する姿勢を持ち合わせていないことです。

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

アイシングは野球肩の対策にはならない

2017年10月8日

ピッチャーとアイシングの関係についてすべてを語る ~アイシングの必要な時と不要な時~

2016年3月11日

投手が肩を冷やすといけない本質的な理由

2016年9月1日

痛めたところを冷やすのは危険

2017年11月1日

投手の肩にアイシングするのは回復を遅らせているって知ってた?

2016年10月18日

野球肩の対策にアイシングは意味をなしてないって知ってた?

2016年5月13日