インナーマッスルは鍛えるタイプの筋肉ではない

インナーマッスルは鍛えるタイプの筋肉ではない

野球選手やテニスのように、肩関節をつかって「投げる」「振る」といった競技のスポーツでは「インナーマッスル」の重要性が語られることがしばしばあります。

また昨今では「体幹」にまつわるトレーニングが流行っており「インナーマッスル」という言葉をよく聞くようになりました。

ただ、野球界におけるインナーマッスルの捉え方は間違ってしまっています。

インナーマッスルが野球選手に大切であることに間違いはありませんが、それと同じだけアウターマッスルも大切です。

そして

インナーマッスルにはインナーマッスルの、アウターマッスルにはアウターマッスルの体としての役割がある

ということを忘れてはいけません。

アウターマッスルの理屈をインナーマッスルに当てはめてはいけませんし、また逆も然りです。

つまり、

インナーマッスルは鍛えて強くするタイプの筋肉ではない

ということです。

それにも関わらず、野球界ではインナーマッスルに高負荷をかけて太く強い筋肉にしようとしています。

>次のページ:インナーマッスルの身体の役割

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

投手にとって必要なスタミナは持久力ではありません。

2017年2月18日

筋トレは一時的な錯覚を起こすだけ

2017年12月5日

ダルビッシュ投手も走り込みを完全否定~野球選手に走り込みはノーメリット

2017年1月9日

ピッチャーは今すぐ走り込みをやめましょう。

2016年8月8日

野球選手に走り込みはいらない理由まとめ ~あなたは何のために走るのか~

2016年5月31日

遠投が遠くまで飛ぶから何なの? ~筋肉バカにならないススメ~

2016年1月2日