投球術

投手の基本は打者に打ちにくい球を投げること

投手の基本は打者に打ちにくい球を投げること

投手に「あなたの基本としている球種は何ですか?」という質問をすると、大半の選手が一つの球種を上げます。

それは

ストレート

です。

しかし、投手の基本はストレートではありません。

確かに抜群のストレートが投げられる投手にとってはストレートが基本になりますが、そんな投手は極一部に過ぎません。

本来は、一人一人違った基本のボールがあり、ストレートだけにこだわる必要は全くありません。

と、こんなことを言われてしまうと、自分は何のボールを基本としていけばいいのか分からなくなる人がたくさんいるかもしれません。

そこで、本来は投手の基本となるボールなんて定義はありませんが、野球肩革命所が勝ってに定義を決めました。

投手の基本となるボールとは、

過半数以上の打者が打ちにくいと断言する球種のことで、そのボールを初球、決め球などカウントを取りたい時に使用できるボールのこと

です。

ポイントは、投手が投げやすいボールや気持ちよく投げられるボール、得意だと思っているボールではないことです。

>次のページ:投手が果たすべき役割は相手打者が限りなく打ちにくいボールを投げること

投球術の関連記事

Contents Menu

前で投げるイメージが強い投手ほどボールは走らない
ピッチャーのボールが指にかかった感覚の正体
投手が「低め」に投げるために「前で離す」と「低め」にいかない
投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる
究極のシャドーピッチングのやり方
打者にワンバウンドのボールを振らせる方法

最新記事のチェックにフォローしよう