野球肩・肩のケア

「肩は消耗品」なんてことはありません~野球の常識はスポーツの非常識~

肩は消耗品なの?

野球選手、中でも投手の方であれば、「肩」は生命線ですよね。様々なストレッチや、気遣いによってケアを考えていると思います。

しかし、その根本的な考え方として

 

「野球選手の肩は消耗品」

 

という考え方をしていないでしょうか?

肩はもちろん大切にすべきものですが、この「消耗品」とう考え方がベースであれば非常にもったいないことをしています。

「野球選手の肩は消耗品」は嘘だった・・・?!!

野球業界では定説的に言われているこの言葉。実は、嘘だって知ってましたか?

いつから言われるようになったのでしょうか・・・。

球数制限だとか投球制限だとか・・・アメリカから入ってきたのでしょうか???

セットアッパーとかクローザーとかそんな名前の投手もここ20年くらいで定着したように思います。

はっきり言って、肩は消耗品ではありません。

今年のプロ野球でも山本昌投手がとんでもない年齢まで投手として現役を続けました。

横浜ベースターズの黄金期の監督だった権藤さんは現役時代に

 

「権藤、権藤、雨、権藤」

 

と言われるほど、雨が降らなければすべて投げるといった今では考えられない投球ローテーションでした。(というかローテしていない。笑)

他にも過去には、プロ野球選手でダブルヘッダーを2試合完投した投手もいました。

この事実を確認しただけでも、肩は消耗品といえるでしょうか?

昔の人が異常なまでに強靭な身体をしていたのでしょうか?

原因は適切な投げ方をしていないだけ

「肩は消耗品」という情報を100%正解だとしても、野球を取り組む上で成長期にこの考え方を取り込むことは、とりわけもったいないことをしているとも言えます。

成長期は体力、技術ともに最も伸びる時期と言えます。

投げる筋肉、投げる体力、投げるための関節などの動きが最も身につく時期とも言えます。

そこで、投球制限、球数制限をしてしまったら・・・・考えただけでも非常にMOTTAINAI話です。

肩が故障や怪我を起こす理由は、

 

適切なフォームで投げられていないだけ

 

です。

「適切な」というのは決まった形を意味しているわけではなく、身体に負担をかけないフォームを意味しているだけです。

成長期には、基本的に

 

「理にかなっていない投げ方をすると傷害を起こしやすい」

 

ということはあります。

しかしあくまで、「理にかなっていない投げ方」に限られる話です。つまりは理にかなっている投げ方をすれば、投げなきゃもったいないという結論となります。

肩は消耗品ではありません。消耗させるような投げ方をするから消耗品となっているだけなのです。

もちろん疲労などが原因でフォームが崩れ、崩れた状態で投げ続ければ、それは故障につながります。

しかし現実として、山本昌投手のような年齢まで投手として活躍する選手がいることを忘れてはなりません。

それと同時に、小学生や中学生で肩や肘の怪我で野球人生を諦めなくてはいけなった人たちがいることも忘れてはならない事実です。

一番の責任は指導者にあり

これらのことを考えた上で、とても責任が重大になってくるのは、指導者です。

練習をさせないと選手は成長しないが、適切に行わなければ、怪我をさせてしまいます。まさに、選手の人生がかかっています。

選手の肩を消耗品にしないように、適切で安心していくらでも投げることができる投球フォームを教えてあげてください。

また、選手の皆さんは安心していくらでも投げられす投球フォームを研究し身につけてください。

そうすれば将来的に明るい野球人生となるでしょう♪

これらを語る上でも「傷害」という知識はとても大切なので、以下の記事もあわて読んでおいてくださいね♪

 

野球選手の怪我の9割は「傷害」だって知ってました?

takebat_article012

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

肩の故障は一度やると、一生付き合っていくことになります
野球肩をホームケアで未然に防ぐ方法
野球肩になる可能性があるからこそ投手が投手であり続ける。
投手が投げ続けていれば野球肩になるのは当たり前
【シェア拡散希望】野球選手が怪我でダメになる4人の悪人の存在
アイシングをしても野球肩の対策にはならない

最新記事のチェックにフォローしよう