野球界は素直な選手ほど下手になる

野球界は素直な選手ほど下手になる

野球選手であれば、指導者からこんなことを言われたことがないでしょうか。

それは、

「素直な奴が上手くなる。あいつを見てみろ、素直に練習するから上手くなっているじゃないか」

という言葉です。

これは野球界の現状を考えれば9割方間違った考えでしょう。

その選手が上手くなっている理由は

試合に出ているから

です。

おそらく良い例として挙げられた選手は指導者のお気に入りです。

お気に入りの選手は基本的に試合に出場できます。

野球界の練習は無駄なことが多いので、基本的には試合に出場することで上達していると言っても過言ではありません。

「素直な選手ほど伸びる」という状態を作るためには、ある条件を満たしていなければ実現しないことを忘れています。

それは、

指導者が優秀であること

です。

指導者が言っていることがでたらめな状態であれば、素直に聞いていない選手の方が成長することになります。

ただし、素直でない選手は出場機会に恵まれにくくなるので、結果を示して試合に出場しなければならないため、チャンスを与えられなければ悲惨な状態に陥ってしまう危険性があります。

>次のページ:さぼっているのに何故か結果を出し続ける選手

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

あなたはこれからの野球界の変化についていけるか ~野球界の縦社会が崩壊する日~

2016年4月17日

正解の投球フォームを求めると投手として成功しない

2017年2月22日

投手のボールが止まって見える方法

2016年8月24日

人の真似をするから下手になる

2016年9月9日

技術がないから試合に出られないはタダの言い訳

2016年8月28日

投手にとって最も大切な考え方のハナシ

2017年3月30日