思考法

野球界は素直な選手ほど下手になる

野球界は素直な選手ほど下手になる

野球選手であれば、指導者からこんなことを言われたことがないでしょうか。

それは、

「素直な奴が上手くなる。あいつを見てみろ、素直に練習するから上手くなっているじゃないか」

という言葉です。

これは野球界の現状を考えれば9割方間違った考えでしょう。

その選手が上手くなっている理由は

試合に出ているから

です。

おそらく良い例として挙げられた選手は指導者のお気に入りです。

お気に入りの選手は基本的に試合に出場できます。

野球界の練習は無駄なことが多いので、基本的には試合に出場することで上達していると言っても過言ではありません。

「素直な選手ほど伸びる」という状態を作るためには、ある条件を満たしていなければ実現しないことを忘れています。

それは、

指導者が優秀であること

です。

指導者が言っていることがでたらめな状態であれば、素直に聞いていない選手の方が成長することになります。

ただし、素直でない選手は出場機会に恵まれにくくなるので、結果を示して試合に出場しなければならないため、チャンスを与えられなければ悲惨な状態に陥ってしまう危険性があります。

>次のページ:さぼっているのに何故か結果を出し続ける選手

思考法の関連記事

Contents Menu

野球選手の親ができるのはだまって成長を見守ること
監督にそんなに気をつかう必要はありません
野球選手として「身体ができている」ってどうやって判断すればいいの?
野球を上手くなるためには動機なんて不純でいい
野球は日本のスポーツ界から最もかけ離れた存在になりつつある
指導することは愛なのか? ~子どもに指導しないことのススメ~

最新記事のチェックにフォローしよう