大半の野球選手が考える野球肘に対する誤解

大半の野球選手が考える野球肘に対する誤解

野球選手の大半は野球肘に対して誤解を持っています。

その誤解が野球肘を治しにくい故障、選手生命を左右してしまうほどの故障として野球界に存続しています。

少し考えればオカシイと思いませんか?

昔よりも圧倒的に医療技術が進み、体のケアに時間を割くようになり、分業制などにより球数制限もされるようになりました。

それにも関わらず野球肘になって困っている野球選手の数は一向に減っているようには感じません。

減っているとすれば競技人口が減っているため、野球肘で来院する人の数が減るのは当然のことです。

つまり、

野球界から野球肘が減らない原因は野球肘に対して根本的な誤解が存在しているから

です。

少し人体のことなので難しいワードが出てくるかもしれませんが、何度でも読み返して理解しておくようにしておきましょう。

>次のページ:野球肘の痛みはあくまで結果であって原因ではない

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

【野球肘の対策】肘が曲がらない・・・になった時の改善方法

2016年7月6日

この時期に簡単に「痛い」とは言えませんよね。 ~故障の不安な「肘」との付き合い方~

2016年2月29日

ピッチャーが肘を痛めるのは肩が原因??!

2015年10月24日

野球肘で注意しておく3つの痛みエリア

2016年5月9日

「前で投げる」と肘はボロボロ、おまけに技術もつきません。

2015年11月28日

リストを鍛えると故障リスクが高まります ~リストを鍛えても技術は上がらないというハナシ~

2015年12月31日