走ることだけが野球選手の下半身を鍛えるわけではない

走ることだけが野球選手の下半身を鍛えるわけではない

野球選手にとって「下半身を強化すること」は永遠のテーマといっていいでしょう。

そしてそれは野球選手だけに関わらず、あらゆるスポーツ選手にとって最重要視されています。

そのため、下半身の強化として「走り込み」や「スクワット」や「レッグランジ」のような筋トレを行ってきました。

しかし、多くの人が気づいていると思います。

それは

今までのような筋トレで下半身を強化したところでパフォーマンスが上がるとは限らないこと

です。

私がこれまで現場に関わって指導をしてきた時、どれだけ走っても、どれだけスクワットができても、パフォーマンスが上がらない選手、上手くならない選手をゴロゴロみてきました。

当然ながらパフォーマンスが上がったように見える選手もいましたが、そんな選手は10人いれば1人ほどで、さらに言えば本当にそれらの要素(走り込みや筋トレ)でパフォーマンスが上がったのか検証することもできない状況でした。

それらを現役の野球選手として自身で経験した後、指導する側の立場で選手のトレーニングとそれらの選手の結果を見てきた中で気づいたことがあります。

それは

トレーニングとは本来スポーツ毎に異なったカタチがあること

です。

かなり当たり前のことですが、その当たり前のことができていないのが野球界のトレーニングです。

>次のページ:野球選手が練習やトレーニングをする目的

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手の基本は走り込み・・・は大嘘。

2016年9月4日

走ることだけが野球選手の下半身を鍛えるわけではない

2017年11月17日

ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げた筋トレより大切な考え方

2016年12月27日

野球選手は練習で下手になるという可能性を見ない

2017年7月24日

投手がスピードボールを投げるための究極のトレーニング方法

2017年10月6日

野球選手にとって下半身が大切な本当の理由

2016年10月5日