思考法

試合に出るための一番の近道を知っていますか?

試合に出るための一番の近道を知っていますか?

野球選手であれば、誰しもが試合に出場したいと思って当然です。

そして、野球人として上達するためには、試合に出場することが何よりも価値があることです。

少し乱暴な言い方をすれば、どんな手段を使ってでも試合に出場すれば、チームの中では一定のレベルまで到達するでしょう。

そして勝ち進むことができるチームであれば、なお一層、野球選手として上達することができます。

では、試合に出場するためには何が最も大切でしょうか。

恐らく「技術」と答える人が多いのでないでしょうか。

はっきり言ってしまえば、間違っています。

試合に「出場し続ける」のであれば、「技術」が必要になってきますが、出場するためだけであれば「技術」は大して問題にはなりません。

では、野球選手として試合に出場する一番の近道は何なのでしょうか。

それは

指導者のことを理解すること

です。

何をいまさら・・・と思うかもしれませんが、最終的な選手の起用権は「監督」や「コーチ」にあります。

「監督」や「コーチ」の考え方が間違っていたとしても、その「チーム」にいる限り、試合に出場できるかどうかは「指導者」の手に握られています。

そのため、出場するのであれば、「指導者」の考え方を理解し、その望む形を提供しなければいけません。

その形をしたくない・・・というのであれば、受け入れてもらえる所を探すしかありません。

選手からすれば、もっと具体的に指導者が考えていることを教えてくれ・・・と思うかもしれません。

しかし、指導者はたくさんの選手を抱えていることが多いので、一人一人に考えを伝えることは中々難しい状況にあります。

そこで、本日は「指導者が選手に分かってほしいこと」をまとめましたので、選手の方々はこれを理解して試合に出場する一番の近道を学んでください。

反対に指導者の方々は、この記事を選手それぞれに見せてあげることをおススメ致します。中々自分では言えないこともあるかと思いますので。

チームプレーとは何なのか

指導者のことを理解するには、

「チームプレー」とはなんなのか

ということを理解する必要があります。

野球というスポーツが「チームプレー」であることは言うまでもないでしょう。

当然ながら「チーム」とは、試合に出ている9名だけのことを言うのではありません。

試合に出ている選手、ベンチで応援してくれる選手、スタンドで応援してくれている選手、いつも教えてくれる監督やコーチ、お手伝いをしてくれるマネージャーも含め関わる全ての方々のことを「チーム」といいます。

これらの人たちが「役割」を全うし、チーム全体が適切に機能することこそが「チームワーク」であり、「チームプレー」です。

シビアな言い方をすれば、投手なら0点に試合を抑える事です。

打者であるなら「ヒット」や「ホームラン」を打ち点を取ることです。

監督は選手たちの起用をして采配を下し、勝敗に責任を持つことです。

そんな「チームプレー」を考える上で大切なことがあります。

それは、

チームプレーというのは馴れ合いではない

ということです。

仲良しチームを作るのが目的で野球をやっているわけではありません。

「指導者」は当然チームが勝つことを優先しています。

迷惑をかけないことを目的に野球をしているわけではありません。

チームワークとは

それぞれがしっかりと目の前の仕事を純粋にこなすこと

が本来の意味合いです。

決して馴れ合いではありません。

そして自分の役割を全うすることこそが、結果的に周囲へ迷惑をかけないことにつながります。

では、そんな「チームプレー」を果たす上で大切になってくることとは何でしょうか。

それは

信頼関係が成り立っている必要がある

ということです。

信頼関係が成り立っていないチームというのは、ほぼ間違いなく意識がバラバラです。

プロレベルですら、一流選手を寄せ集めても、意識がバラバラだと「優勝」できなくなるほど重要なことです。

そして信頼関係の中でも最も構築が難しい部分が

指導者と選手間の信頼関係

です。

最も重要なところであるからこそ、一番信頼関係を築きにくいところでもあります。

その築きにくい要因の多くは、

指導者が誤解されてしまっているケース

が大半でしょう。

指導者の立場

「指導者」というのは、選手に下手になって欲しいと思っている指導者はいません。

大切なことなので二度言います。

指導者」というのは、選手に下手になって欲しいと思っている指導者はいません。

100人部員がいれば、その100人すべての選手が上手になってほしいと願っています。

しかし、現実はそんな甘いことを言ってられません。

指導者というのは、

試合に勝たなくてはいけないという使命

があります。

どれだけ良い選手を育てたと評価されても試合に負ければ何の意味もありません。

そんな解決しようのない葛藤を常に抱えながら、指導者は選手と接しています。

うまくなってほしい、試合に出て大活躍してほしい、しかし勝利を優先すると、使える選手と使えない選手が出てくる・・・

という葛藤が常に頭の中にあるのです。

これを解決するためには、

選手も一つ大人になり、指導者の葛藤を理解すること

が大切です。

なかなか「中学生」や「高校生」に理解を求めることは難しいのかもしれません。

しかし、指導者と選手との距離を縮めるためにも理解し合える部分は理解し合った方がメリットが多いのは間違いありません。

さらにこの信頼関係が実現できれば、サインなどいらなくなるような意思疎通ができるようにさえなります。

とにもかくにも、監督を含む指導者は、選手のことを第一に考えて、うまくなるために理不尽なこともいうかもしれません。

合理的ではないことをいうかもしれません。

納得いかないことばかりかもしれません。

しかしそれは選手一人一人のことを、チームのことを、勝利のことを第一に考えた結果だと思ってください。

「選手側の言い分」と「指導者の言い分」が完璧にマッチすることはないかもしれません。

しかしできるだけ近づけようとすることはできるはずです。

その結果、相乗効果が生まれ、きっとチームの勝利につながります。

大人の付き合いで大人の野球ができるチームを目指してやっていくことが、関わる人間すべての成長につながります。

思考法の関連記事

Contents Menu

優秀な選手だから試合にでるのか、試合にでるから優秀な選手になるのか
あなたは野球を楽しんでいますか? ~野球とベースボールの違い~
あなたはこれからの野球界の変化についていけるか ~野球界の縦社会が崩壊する日~
野球選手に指導力がない理由
野球選手は指導者が育てるのではなく勝手に育つもの
螺旋の動きで直線的な動きをする・・・の意味が分かりますか?

最新記事のチェックにフォローしよう