技術向上

「指の付け根に力をいれる」と力が入らない?! ~母指球の正体にせまる~

母指球に力を入れても意味がない

よくバッティングでもピッチングにおいても、また、走ることや、守っている構えにさえ、よく言われることがあります。

・指の付け根に力をいれるんだ!
・つま先で立って待て

といったことがよく言われます。

しかし、結論からいうと、

指の付け根に力をいれると力がはいりにくくなります

力が入りにくいというのは、力が伝わりにくくなると表現した方が適切かもしれません。

いわゆる指の付け根と言っている部分は医学的には「母指球(ぼしきゅう)」と呼ばれています。

良い動きができる選手は、そこまで母指球には力は入りません。

動作の最後にやや力がかかる程度です。

しかし、どこで間違って情報が伝わっているのか、母指球やつま先が重要のように捉えられています。

人間はどこか一点に集中してしまうと、身体への筋肉の緊張を生み出してしまうため、瞬発的で爆発的なパワーを発揮することができなくなります。

野球の動作における母指球の働き

野球プレーにおいて、どのような時に母指球に力が入っているのかを冷静に検証していけば、意外と使っていないことに気づくはずです。

まずはピッチングの時に、いつ母指球に力が入るのでしょうか?

バッティングではどの動作の時に母指球に力が入るのでしょうか?

そしてそれはランニングの時においても・・・。

バッティングのスイング時には軸足の母指球にやや体重が乗って回転する程度で、その他の動作や、ピッチング、ランニングでは母指球はほとんど使いません。

さらに、母指球に力を入れてしまうと、先ほども述べたように上半身に極端な緊張を強いられてしまいます。

緊張すればスムーズな動きからはかけはなれ、動作の一歩目が遅れます。

こんなことは実際に母指球に力を入れて立ってみれば一目瞭然です。

足への体重のかけ方は、接地面のやや外側前方に「フワッ」とした程度でかけることがベストです。

守備の構えにおいても同様です。

この状態から、動作を開始することで、動作の最後に母指球が使われるような理想な形となります。

風の噂なのか、科学的なデーターなのかはわかりませんが、母指球というところはとても重要視されています。

母指球のことは一旦忘れて、

どんな立ち方が一番リラックスできて、無理なく早く動けるのか

を追求して明日に臨んでみましょう!

技術向上の関連記事

Contents Menu

冬場のただの走り込みを辞めましょう。 ~”下半身をでかくしろ!”は大嘘~
変化球は1種類ではありません! ~スライダーを3種類使い分ける方法~
タメってなんなの? ~野球選手の言う”タメ”の正体を徹底解説~
変化球を最も効果的に投げる方法
力を込めれば込める程、力ははいらない ~ボールに指がかかる正体~
投手が球速を上げるために必要な考え方

最新記事のチェックにフォローしよう