思考法

勝てる投手になるために今すぐ行って欲しいこと

投手のイメージ通りのボールが打者を打ち取るとは限らない

野球の花形といえば、やはり「投手」です。

いろんな意見もあるかとは思いますが、野球において「投手」は最も目立つと同時に、最も活躍できるポジションでもあります。

試合の流れも投手の調子が7~8割も占めるほど投手の役割が重大です。

さてそんな「投手」ですがあつ特徴を兼ね備えている傾向にあります。

それは

ほとんどの投手が自己満足

だということです。

つまり、自分のプレーに酔ってしまう傾向にあるということです。

なぜこのようなことが言えるのかというと、私自身もそうだったのでよくわかります。

投球練習で、自分の決まったところに、イメージ通りのボールが投げれれば「とても気持ちの良い投球練習だった」と感じます。

しかし、ここには大切なことを忘れてしまっています。

それは

自分のイメージが試合でできたとしても0点に抑えられるかは別の話

だということです。

逆に言えば、試合では思ったところに投げられなくても、0点に抑えられてしまうことがあります。

この事実にはできるだけ早く投手に気づいてほしい事実です

この事実に気づくと、

自分にとって気持ちが良いボールを投げるよりも「打者」が打ちにくいボールを投げることが大切

という考え方に切り替わるはずです。

これはつまり「勝てる投手」の第一条件です。

>次のページ:勝てる投手になるために今すぐ行って欲しいこと

思考法の関連記事

Contents Menu

野球界のためにも規格外の選手になろう! ~不人気から見えるこれからの野球選手に求められること~
野球選手をお子様に持つお母さんに、今伝えたいこと
野球選手の「腰痛」の原因は「腰」にない?!
プロ野球選手の引退後の生活について考えたことはありますか?
練習中に倒れてなくなることがなくなりません。 ~野球選手の熱中症対策~
「できないこと」をいくら練習してもいつまでもできない

最新記事のチェックにフォローしよう