トレーニング

投手が球速を上げるだけなら難しいことではない

投手が球速を上げるだけなら難しいことではない

投手であるならば誰しもが、スピードボールを投げられるようになることを夢見ています。

プロのスカウトも、まずは球速から見ていることが大半です。

スピードボールが投げられることは、一つの分かりやすい指標となっています。

そのため、球速を上げるための方法論が世の中にたくさん溢れかえっています。

どのような方法論が正しいかの議論はここでは必要のないことで、それぞれの選手にあった形を選ぶしか効果のあるなしは測れません。

しかし、どんな方法であっても根本的な考え方は同じです。

それは、

様々な力のベクトルを集約してボールに対して最大限伝わるようにすること

です。

簡単に言えば、リリースの瞬間に100%の力を発揮できるような身体の使い方をすることです。

球速をあげることに悩んでいる人がたくさんいるかもしれませんが、上記の考え方のようにシンプルに考えて様々な試行錯誤を繰り返せば、球速を上げること自体はそんなに難しくありません。

最もやってはいけないことは、一つの方法論に縛られて妄信してしまうことです。

世の中にある様々な球速アップ論はあくまで、ある選手にとって効果があった方法で他の人に当てはまるかは別だと知っておきましょう。

あくまで、自分がリリースの瞬間に100%の力を発揮できるような身体の使い方を探すためのヒントにしましょう。

>次のページ:球速を上げる前に考えること

トレーニングの関連記事

Contents Menu

投手がコントロールを良くするための3つの要素
投手のクールダウンに行うキャッチボールに意味はない?!
身体を安定させるために必要な筋肉の知識
野球選手が足腰を鍛える意味
野球選手はトレーニングでは上達しない
足の指の付け根に力をいれても意味がない。

最新記事のチェックにフォローしよう