思考法

できないことを反復練習してもいつまでもできない

できないことを反復練習してもいつまでもできない

私は、野球界の練習風景を見ていてどうしても不思議に感じることがあります。

それは、大半の選手が

・「できないことをできるように練習する」
・「失敗を失敗しなくなるように練習する」

ということを心がけていることです。

この思考法では、

できなければ、できるようになるまでその「できていない動作」を反復練習する

という結論にいきついてしまいます。

しかし、この考え方は無意味です。

得られるものは修行僧のような精神力だけでしょう。

なぜなら、

本人はできないようにやっているわけではないにも関わらずできていないという現状があるから

です。

選手は、失敗しようとして失敗しているわけではありません。

失敗しないようにしておこうという気持ちが強ければ失敗しないわけではありません。

それにも関わらず失敗した動作を反復練習しています。

この反復練習に意味があると思いますか?

>次のページ:できない原因があるからできない

思考法の関連記事

Contents Menu

投手がエースになるために最も大切なこと
野球革命を起こしましょう! ~野球界の練習は怪我のためにやっているようなモノ~
今、野球選手にもっとも必要なことは練習内容を疑うこと
野球は子どもに教えすぎると下手になる
ついつい高めのボールを振ってしまうのはイップスです。
野球界の指導者がやるべきことは野球以外の情報収集

最新記事のチェックにフォローしよう