野球肩になる前に肩関節に違和感を感じたら考えること

野球肩になる前に肩関節に違和感を感じたら考えること

野球選手を長く続けていれば、必ずといってもいいほど大半の選手が肩関節の違和感を体験します。

しかし、その違和感の正体は判明しないことが多いでしょう。

例えば、病院では原因不明として「筋肉の疲労」程度でかたずけられることがあります。

これは、

肩関節に違和感が出ている時に器質的(形状的な)な変化がある場合とない場合があるから

発生します。

医療機関での診断のは、形状的な変化に伴って痛みの診断をされることが大半で、形状的な変化がないものは曖昧な診断がなされます。

反対に言えば、形状的な変化が異常信号だとしても、痛みがないケースさえあります。

なかなか痛みが出るまでに検査をすることがないので分かりにくいかもしれませんが、痛くない場合でも医療機関にて検査をすると、かなり確率での形状的な変化が見られます。

では、形状的な変化がないのにも関わらず痛みを感じる正体は何なのでしょうか。

>次のページ:脳が肩関節に痛み・違和感を認識すれば痛みが発生する

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

荷物を利き腕の反対だけで持つことが肩のケアには繋がらない。

2015年11月6日

野球肩を防ぐためには野球肩になるまでの過程を知ること

2017年1月5日

インナーマッスルがなぜ大切か知っていますか? ~よく分からず鍛えている人ばかりの野球界~

2016年2月17日

【野球肩の話】投手は続けていれば必ず野球肩になる

2016年6月4日

野球肩を治療するその前に科学的根拠の作り方を知ろう

2017年4月21日

野球肩が治りにくいのは単に誤診が多いから?!

2016年7月24日