技術向上

実は弱点バレバレ~オープンスタンスの打者の攻め方~

なぜその構え?

打者のスタンスには、ノーマル、オープン、クローズドなどのスタンスがありますが、オープンズタンス選手の特徴について今回の記事では考えていきましょう。

では、そもそもなぜ「オープンスタンス」を取るのか、考えてみましょう。

考えられる理由としては、

 ・プロの真似

・かっこいい

・ボールが見やすいように

・内角のボールを上手く打つため

・踏み込む感覚を作るため

 

などなどがあげられるのではないでしょうか。

中でも一番多い理由としては

 

「内角のボールを上手く打つため」

 

ではないかと思います。

外角はだいたい上手く打てるので6;4くらいの割合で「内角のボール」に意識を絞りたいという選手などがオープンスタンスをとることが多いです。

オープンスタンスは内角が苦手

これは、投手が見たらどうとらえるべきか、

 

「内角のボールが苦手」

 

なんだなと。

基本的に、人とのやりとりにおいても言えることですが、「表情を変えずに淡々と話す人」というのは捉えずらいものです。

「構え方」一つでどのボールを待っているのかということがある程度予測できます。その中で、オープンスタンスというのは分かりやすい弱点を晒しているケースが多いです。

オープンスタンスの打者に対して内角を投げることは勇気がいることだと思います。

なんとなく打たれそうな気がするからですよね。

しかしやや真ん中寄りの内角でも、打ち損じたり、捉えきれなかったりすることが多いのが、オープンスタンスの打者の特徴です。

内角に投げるのが怖いからといって間違っても外角には投げないように気をつけてくださいね。

外角がやや真ん中に入ればその打者は絶好球ですから痛打されてしまいます。

オープンスタンスの打者が来たらとことん内角攻め!これを徹底しましょう♪

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手には腹筋が必要ない?! ~野球界は「体幹」の捉え方がおかしい~
技術論やあらゆる知識は二の次~野球が上手くなるために一番大切なこと~
野球を今すぐ上手くなりたきゃ体を休めて脳みそに汗をかけ! ~野球肩革命所が伝えたいこと~
カーブを投げる時、実は手首をひねらないって知ってた?
あなたの「決め球」は「決め球」になっていません ~正しい「決め球」の考え方~
変化球は1種類ではありません! ~スライダーを3種類使い分ける方法~

最新記事のチェックにフォローしよう