野球肩・肩のケア

野球のウォーミングアップのおかしなトコロ ~野球の常識はスポーツの非常識~

試合前のウォーミングアップをするの早くない?

野球界では常識的にやっていることも、スポーツ界の常識からすれば、かなり非常識なこと、というのがたくさん存在しています。

そして中でも、冷静に考えれば分かることの一つを本日はとりあげたいと思います。

それは、どのスポーツでもやっている

 

試合前のウォーミングアップ

 

についてです。

ここで野球界特有のとても変な光景があります。他のスポーツの選手に話をするとまず驚かれることがあります。

それは、

 

ウォーミングアップ後から試合までの時間の長さ

 

です。

ラグビーやサッカーはウォーミングアップを終えたら、そのままフィールドに行くか時間が空いても5分程度です。

しかし、野球の場合はそうではありません

ウォーミングアップ後に、食事をとったり、ジュースを購入してお茶したりなど様々な形で余暇を過ごします・・・社会人野球ともなれば喫煙したりしています。

と、そんな余暇的な過ごし方が必要なのでしょうか?

これは他のスポーツからするととても異様な光景だそうです。

アップから試合までに、1時間ほど、またはそれ以上時間が空くようでしたら、

 

もはやさっきまで動いていたウォーミングアップは何の意味があったのか?

 

ということになります。

私が現役時代も同様の形で行っていました。野球経験者ですから特に違和感もなく行っていました。

しかし、野球引退後、様々なスポーツ関係者と話したり、他のスポーツを観戦するようになり、その違和感を指摘されました。

そして、いろいろ調べ検証し、よくよく考えると、

 

アップ後に長期的な時間を空ける意味はない

 

ということが分かりました。

野球のウォーミングアップは結局的なところ儀式的なものになっているということです。

野球界には受け継ぐ伝統と無意味な伝統がある

このウォーミングアップに関しては検証しなくても分かるレベルのハナシではないでしょうか。笑

なんでそんなに早くやって休憩するのでしょうか。

野球界では、良い意味でも悪い意味でも伝統があるため、試合前のウォーミングアップのようなことがたくさんあります。

そのため、意識改革しなくてはならないことが、とても多い業界なので、当たり前に行っていることに疑問を持ち、どうしたらよりよくなるのかを常に考えていく必要があります。

ウォーミングアップは試合の直前にしましょう!

 

◆すごいトータルボディケアスプレーの「無料モニターキャンペーン」を実施中です

adimg_spark_article

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

投球する時に最も大切な筋肉のハナシ ~野球肩の原因を探る
野球選手に体力は関係ないと知ろう
野球肩を治療する前に肩周りが柔らかいから大丈夫ではないと知ろう
野球肩を防ぎたいなら投球後は温めた方が良い。
機能性アンダーシャツ「THERMO DIRECT」でもっと野球が上手くなる
野球肩を治療する前に投手の肩は休むだけでは完全回復しないことを知ろう。

最新記事のチェックにフォローしよう