技術向上

まだあなたは自己満足な投球ばかりを続けているんですか? ~投手が勝ち続けられない理由~

投手は自己満選手ばかり

投手というのは、自己中心的な選手が多く、自己満で終わってしまっている選手も少なくはありません。

私も投手でしたのでよくわかりますが、投手は一つのことに対して一直線に突き進むタイプの人が多いように感じます。

ピッチング練習を見ていても、調子がいい時はなぜかずっと続きますが、調子が悪い時は全く修正がつかず、ドツボにはまっていってしまう選手が多いです。

自分の思い通りのボールが投げれているような調子が良い時は打たれてもそれほど落ち込みませんが、自分の思い通りのボールが投球できなくてたまたま抑えられても嬉しくもありません。

これこそが投手です。

でも、そんな投手であるあなたに気づいてほしいことが一つあります。

それは、

チームの皆は、投手の調子はどうでも良いので0点に抑えてくれればそれでいい

と言うのがチームの本音です。

ちなみにですが、上記のような考えが強い投手はなかなか活躍が出来ません。

というか、安定して勝ち続けることができません。

投手の役割を理解できていないからです。

投手の役割を間違えないことが勝てる投手の条件

投手の役割とは、

どれだけ点を取られないように投球するか

なので、ボールが引っかかって思い通りにいかない、すっぽ抜けが多く思い通りに投げられない状態であったとしても、抑える術を持っている投手が勝ち続ける投手の条件です。

チームは勝てる投手を欲しいのですから、スピードがある、コントロールがいい、変化球が切れる、そんな投手を欲しいのではないことを投手が理解していることが大切です。

投手は自己満から脱した選手が勝てるようになるということです。

自己満でいる時点でいつまでも勝てないということですね。

例外はあります。

例外とは、特別な球種がありその球種はまず打たれない、というボールがあれば、その投手は自己満でも負けません。

殆どそういったボールを持ち合わせている投手はいないと思いますので、まずは自己満投手から脱出することが勝つための第一歩だと思います。

一番簡単そうで一番難しいことだと私は思っております。

ぜひ頑張りましょう。

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球のピッチャーに手首のスナップは必要ない
機能性アンダーシャツ「THERMO DIRECT」でもっと野球が上手くなる
タメってなんなの? ~野球選手の言う”タメ”の正体を徹底解説~
冬場のただの走り込みを辞めましょう。 ~”下半身をでかくしろ!”は大嘘~
全身を使って投げようとすると全身を使えていないという矛盾
酸素スプレーは必要ない? ~酸素スプレーを使うのは自分の身体を信用していない証~

最新記事のチェックにフォローしよう