トレーニング

世界最強とまで言われるドミニカ野球の秘密を知っていますか? ~ドミニカ選手を支える「竹バット」の秘密~

世界最強とまで言われるドミニカ野球の秘密を知っていますか?

「竹バット」を有効活用できていない場合は、掲題の件に関してはわからない人がほとんどでしょう。(知らない人はコチラ『「竹バット」はトレーニング用として最適なバットです。』)

しかし、「竹バット」の有効性を体験して、理解している選手は「炭化竹バット」の凄さは、一度使ってしまえば手放せなくなってしまいます。(『本物の技術を身に着けるために創られた究極のバット/炭化竹バット』

2013年6月9日付の東スポwebに「ドミニカ最強野球に迫る(2)」に面白い記事があったので抜粋したものをご紹介したいと思います。

 

トライアウトで使用されるバットは木製だ。どんな材質なのかを確かめてみて驚いた。なんと、どれも竹バットだったのだ。芯が狭い竹バットはかつてメジャーで使用者が最も多かったアッシュ材、現在、メジャーで主流のメイプル材よりも硬く、折れにくいという特性がある一方で、バットのしなり、反発力が少ないために飛距離は出にくい。なぜ竹バットなのか。大リーグの某スカウトは次のように説明してくれた。

「この国ではメイプル材のバットなどほとんど流通していない。アッシュかバンブー(竹)のどちらかだ。バンブーはみんな使っている。バットの先で打っても根っこで打ってもまず折れない、というのが理由だ」

 では、バット1本の値段はどれくらいなのか。トライアウトを手伝っていた関係者によれば、バンブーは1万ペソ(約2万4000円)から1万4000ペソ(約3万4000円)くらいで、ボールの値段は1個200ペソ(約500円)。グラブは8500ペソ(約2万1000円)くらい。こういった野球道具がどれだけ高いのか。それは、この国の最低賃金が月収6000ペソ(約1万5000円)、公務員で最低月収8000ペソ(約2万円)ということからうかがい知ることができる。もちろん高額なため、バットもグラブも持てない選手ばかりで、一部の裕福な選手以外は他の選手の野球道具(中古品がほとんど)を借りてトライアウトに参加する。

 

「竹バット」での練習が世界最強を支える

あの、世界最強とまで言われるドミニカで、野球をする選手が経済的理由から「竹バット」を使用しているという記事です。

その他にも、イチロー選手や小笠原元選手、落合元監督なども竹バットを使っての練習を推奨しており、「竹バット」での練習にメリットがあることを感じ取ることができると思います。

しかし、この「竹バット」での練習が主流となっていた一昔前には、まだまだ根性野球が主流の時代でした。

そのため、「竹バット」が表舞台から消えていったという暗黒時代(?)だったわけです。

「竹バット」は、

芯が狭いために、「芯で捉える練習になる」

という目的で練習していましたが、芯を外した時には、強烈な痛みが手を襲いました

「竹バット」で冬場なんかに練習した日には、あんなに好きなバッティングが大嫌いになってしまいます。

それでも振らせ続けた暗黒時代を経験した人たちが「竹バット」の練習を減らしていき、現在の金属バット主流の練習が一般的になってきています。

確かに、「竹バット」ほどの痛みがあれば、バッティング練習どころではなくなり、意味がりません。

そのため、ドミニカのようによっぽど経済的な理由がない限り、選択肢に入らないため、需要が下がってきているのが今の「竹バット」の市場です。

ドミニカ選手が使う「竹バット」を超える最強の「炭化竹バット」が誕生している?!

しかし、この竹バットの「デメリット」である

・痛み
・飛距離がでない
・打感が悪い

といった部分を解消してしまったバットこそが「炭化竹バット」なんです。

この「炭化竹バット」とは、「竹バット」のデメリットを炭化させることで解消することに成功しました。

ここ最近ではバットの進化などはあまり見られなかった中で、本来のバッティング技術を向上させるために有効的なバットです。

芯が狭いのは従来と同様で、芯を外した時の強烈な痛みはほぼなくなり、打感も良く、飛距離も出るようになっています。

このたくさんのプロ野球選手、世界最強の野球集団も使う「竹バット」を、すぐに練習用に取り入れてみてはいかがでしょうか?(『「竹バット」はトレーニング用として最適なバットです。』)

そして、「竹バット」を取りいれるぐらいであれば、今なら間違いなく「炭化竹バット」です。

はっきり言ってこの「炭化竹バット」のデメリットは正直見当たりません。

必ず野球界のベーシックになっていくバットです。

まだまだ知名度が低いため、知らない人が多いのは、ある意味チャンスだと言えるかもしれません。

いつこのバットを手にして、練習するのかは皆様の自由だとは思いますが、できる限り早くから使用することがおススメです。

練習中に「金属バット」を使うのはもってのほかで、できれば「木製バット」、そこまでお金をかけられない人は間違いなく「炭化竹バット」一択でしょうね。

 

ちなみに、今なら「無料モニターキャンペーン」も実施していますよ~♪

モニターキャンペーンの詳細は以下の画像より可能なので、本記事をシェアしてみんなに伝えて、お気軽にご参加くださいね!

トレーニングの関連記事

Contents Menu

野球選手は左右対称にトレーニングしてはいけません
身体を安定させるために必要な筋肉の知識
野球選手はいつしか野球のための練習を辞める
投手が球速を本気で上げたいなら筋トレを辞めましょう。
野球選手は練習すればするほど勝利のための練習ではなくなる
投手の方が打者よりも圧倒的に優位

最新記事のチェックにフォローしよう