トレーニング

野球選手が試合にでる方法を科学する ~試合に出場する可能性を高めるために必要なこと~

野球選手が試合にでる方法を科学する

野球選手であれば、一番初めの目標は試合にでることです。

というより試合に出なければ野球をしたとは言えません(ここでは「人間的な成長」といった精神論は抜きに考えてください)。

試合に出るためには様々なハードルがあると思います。

例えば、単純に他の選手以上の実力をつける必要があります。

また、練習では結果を残せても、試合ではなかなか結果が出ない選手であれば、大事な試合では使ってもらえなくなってしまいます。

しかし、これは、実力社会なので仕方のないことです。

つまり試合に出場するためには、

 練習で結果を出し、試合でも結果を出し続けることが必要

です。

試合に出るまでに必要な工程を考えたことがあるでしょうか。

1.練習で好プレーをアピールし続け監督からの好感を得る2.試合に出たら、目立つ動作をする3.欲を言えば試合で数字的結果を出す4.数字的結果を出し続ける

大半の選手で上記のような工程をたどり、試合に出場し続けている選手は、必ずといって良いほど上記の条件を満たしています。

ただ、一つ一つのハードルは選手がおかれた状況により異なります。

常にレギュラーポジションがある選手は、少しくらい失敗してもまた試合には出場できます。

しかし、1軍半、2軍の選手は結果を出し続ける必要があります。

そのためレギュラー選手よりも競争は激しくなるのは当然です。

ですがそれは自分の責任です。

仕方ありませんのである一定期間試合で結果を出し続ける他にできることはありません。

試合に出場する可能性を高めるために必要なこと

では、まず練習で結果を出し続けるためにおススメのトレーニングをお伝えしたいと思います。

まず、練習でいいバッティングを身につけたければ「MONOBUN/モノブン」を使い練習することです。

次に、試合形式などの練習、練習試合などで結果を出すためには、相手投手との勝負に勝つ必要があります。

そのためには、できる限り自分主体で勝負を進めたいので、自分のテリトリーまでボールを呼び込んで打つような癖付けが必要になります。

そんなスイングを身に着けるには、「MONOBUN/モノブン」が効力を発揮します。

ここまでで経験と信頼を積み重ねた後は公式戦に出場する機会を待ち、出場機会を得た公式戦で結果を出すことです。

そして結果を出し続けることです。

結果を出し続けることはこれは一流選手でも困難なことですが一流選手は必ずやってのけています。

年間を通して調子がずっと良いということは、一流選手でもありえません。

調子のアップダウンをうまく利用しなければなりません。

調子が悪いときは悪いなりの対処法を用意しておくことです。

そんな時にも有効的なのが「MONOBUN」です。

「MONOBUN」は不調な時に、一度リセットすることさえできます。

と、もうお気づきかもしれませんが、「MONOBUN」を使えば、他の選手を出し抜いて(?)試合に出場する可能性を高めることができるということです。

「MONOBUN」の初回生産分は約7時間で完売してしまいましたが、本日再入荷致しました。

takebat_article234

▼「MONOBUN/モノブン」について詳しくはコチラ▼

headerimg_monobun(660)

トレーニングの関連記事

Contents Menu

投手にとって必要なスタミナは持久力ではありません。
野球選手は練習すればするほど勝利のための練習ではなくなる
野球の練習は「上手くなること」よりも「こなすこと」が優先される
世界最強とまで言われるドミニカ野球の秘密を知っていますか? ~ドミニカ選手を支える「竹バット」の秘密~
野球選手が試合にでる方法を科学する ~試合に出場する可能性を高めるために必要なこと~
ピッチャーの走り込みを意味あるものにするために必要なこと

最新記事のチェックにフォローしよう