野球肩・肩のケア

身体がカタイからといって故障しやすいわけではない

身体がカタイからといって選手としての能力が低いわけではない

野球選手を初めとして、スポーツ選手の中であまり評判の良くない選手が存在します。

それは

身体が堅い選手

です。

しかし、これは物理という考え方からすると、

野球選手の「肩関節」が硬いから、怪我をしたり、スピードボールが投げられないということはありません。

それにも関わらず、スポーツ界では「身体が堅い」ことを悪者のように扱われる傾向があります。

例えば、「投げる」という動作を考えた時に大切なことは、

いかに地面から得たエネルギーをうまく変換・伝達しながらボールへとエネルギーを伝えることができるのか

ということです。

そのためには、「関節」の「柔軟度」は関係がありません。

体の使い方が、(人間の構造上)合理的で、うまく地面からの力をボールに伝えることができれば、関節の柔軟性などは論外です。

つまり、身体のカタサが選手のパフォーマンスを低下させることはありません。

とはいえ、ある程度の動きがなければ、効率的に力を伝えていくことは難しいので、人並み程度の関節の可動域は必要だとは思います。

それでも「人並み程度」という話です。

【野球肩の対策】身体がカタイからといって故障しやすいわけではない

また、怪我や故障の観点からも「関節」の柔軟性は関係ありません。

「関節」は「慣性の法則」や、「重力」によって地面に引っ張られる影響を受け続けています。

この影響が体にとって「ストレス」になっています。

身体のあらゆる機能を回復させるためには、この影響をできる限り、最小限に、またはできる限り受けないような状態で、本来の「関節」の機能を他動的に教えてあげることが大切です。

そのため、筋肉を揉んだり摩ったりすることも解決策になりません。

炎症反応の発赤を起こし、一時的に、血行が上がったことによる、「なんとなく楽な気がする」を作り上げているにすぎません。

15分後にはもとどおりになってしまうのが関の山です。

本日の記事で記したように、「身体が堅い」からパフォーマンスが低下したり、故障がしやすいといったことはありません。

これは、人間の身体の構造や、物理の法則を勉強すれば見えてくる事実です。

適切に体の機能と向き合い、重力などの物理的影響を考え、頭に入れた上で、実際の「プレイ」や「ケア」を考えていくことが重要だと理解してください。

体はまだまだ神秘的な存在で、日々新しい発見があります。

ある人にはあてはまっても、別の人にはあてはまらないといったことは良くあるハナシです。

業界的に言われ続けていることも、いつ覆されるか分かりません。

自分の身体に向き合う時間、勉強する時間も、身体が資本の野球選手なら必要なことだと思いませんか?

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球選手にストレッチはいらない
野球肩の痛みは野球選手にしか分からないから治らない
新たな練習をする前に自分の身体が過剰練習で酸化していると知ろう
【野球肩の対策】肩関節を大切にするためには肩関節を大切にすることではない?!
野球肩をホームケアで未然に防ぐ方法
野球肩の本質~野球肩の痛みと原因・治療法について【1】

最新記事のチェックにフォローしよう