思考法

プロ野球選手の引退後の生活について考えたことはありますか?

プロ野球選手の引退後の生活について考えたことはありますか?

現在活躍している選手であっても、

かなり高い割合で引退後に不安を持つ選手は多い

ことをご存じですか?。

引退後の選手の選択肢は多いようで多くありません。

なぜなら、根本として、野球をしながらお金が稼げるという得意なことでお金が稼ぐことができる恵まれた環境を経験しているからです。

2軍やその他の選手は決してチームに貢献しているとは言えませんが、それでもお金をもらうことができます。

けが人など、リハビリしていればお金をもらうこともできます(先の不安は別として)。

そんなことは、一般社会では絶対ありえません。

そして引退後に、幸いにも球団職員になれた選手はかなりラッキーなパターンです。

その他の選手は、歳をとってから不得意分野に足を踏み入れることになります。

当然そこには戸惑いが生まれます。

さらに問題なのが、プライドの存在です。

プロ野球選手の大半は、鳴り物入りでプロ野球界に入ります。

多方面から持ち上げられた状態で現役を引退します。

苦労人と呼ばれるような人であっても一般人からすればスターのような扱いを社会人で言えば新卒の人たちでもうけています。

それにも関わらず、引退後に1からスタートをきることになります。

会社員としての先輩からは指図され、耐えながら仕事をしなければなりません。

しかし、その状態を受け入れることができるプロ野球選手はあまりいないのが現状です。

引退後の選択肢として考えられるものは

・球団職員
・スカウトマン
・解説者
・一般企業就職
・起業
・プータロー

などが一般的ですが、あまりうまくいったハナシを聞きません。

あのテレビでファンを魅了した選手ですら、野球教室ぐらいしか収入源がなく、月に数万円しか稼げないという方も現実にいます。

野球選手のなれの果てとして輝かしいとは言えないのが現状です。

そこで「野球肩革命所」では、プロ野球選手を現役時からサポートし、引退後は最低限の収入が何もしなくて入って好きな野球を継続していればなんとか生活し、家族を養っていくことができる仕組みを創り上げています。

ぜひ現役選手は、お金があるうちに対策をして、引退後の備えを作ることが重要でしょう。

良い車に乗って毎晩飲みに行くことも結構です。

しかし必ず訪れる引退後に備えておくことも野球選手としての義務だと思います。

詳しく知りたい方はLINEアカウントまで。

プロを目指している人にとっては早すぎるかもしれませんが、頭の片隅に少しでも入れておいた方がいいですよ。

思考法の関連記事

Contents Menu

投手の果たすべき目的は一つだけ
早く気づかないと手遅れになる ~野球とは不平等なスポーツ~
日本の野球界はどこを目指しているのか
野球選手が試合に出られないのは信用がないから
野球選手は指導者が育てるのではなく勝手に育つもの
夏の大会期間中には「体調管理」と「回復」だけに専念しよう。

最新記事のチェックにフォローしよう