野球肩・肩のケア

野球肩を本気で治したい・・・それが野球肩革命所®

野球肩を本気で治したい・・・それが野球肩革命所®

本日は技術論というよりも、野球肩革命所®を創設した理由をお話したいと思います。

個人的な見解が強いため、興味のない方もいらっしゃるかもしれませんが、野球肩革命所の創設理由の中に今後の野球界の発展や、選手としてのパフォーマンスの向上のヒントがあるので、ぜひ最後までお付き合い頂きたいと思います。

野球肩革命所®を創設した理由は、その名の通り、

野球選手の野球肩(肩関節の痛み」を治し、一人でも多くの野球肩に悩む選手を減らし、最大の目的は野球肩になる選手を一人でも減らしたい

というものです。

野球肩は簡単に野球選手の野球人生を終わらせます。

そして、野球肩の痛みは味わった人間にしか辛さを理解できません。

大好きだった野球が嫌いに感じてしまうことさえあります。

ボールを投げることが苦痛で苦痛でたまりません。

野球肩をきっかけに情熱を失い辞めていった選手、野球が嫌いになって辞めていった選手、現実的にプレーすることができなくなって辞めた選手をたくさん見てきました。

そして、その選手の一人が私自身です。

社会人野球でまでプレーし、当時は全人生をかけてプレーしているつもりだった野球が突然プレーすることができなくなったわけです。

いくら優秀な治療家でも、いくら優秀な医者であっても

投球して肩を痛めたことがある人でないと、野球肩の痛みはわかりません

と断言できるくらい野球肩の治療は難解なものです。

精神的な要素も多い上、検査上は「野球肩」の一種と診断されても、肩関節に痛みを伴わないといった逆のケースが存在するぐらいです。

ようするに根本的な原因がそこまで解明されていないということです。

よくメディアなどで「手術」の話を聞くと思いますが、あれはあくまで「痛み」の部分を取り除いているだけで、「痛み」を発生させた原因を取り除いているわけではありません。

察しの言いかただとお分かりだと思いますが、再び野球肩が発生する土壌をもったまま野球をプレーすることになります。

するとどうなるか。

野球肩が再発します。

こんなことを繰り返していては、野球界には発展の可能性がありません。

野球肩を防ぎ、野球肩を根本的な所から改善する手立てをもっているのに、それを発揮できるのは目の前の人だけであることに悩んでいた中で、「野球肩革命所」を立上げ発信していくようになりました。

最近では、「野球肩革命所チームトレーナーPJ」を立上げ、好評をいただくようにもなってきました。

野球肩を多く抱えるチーム、身体のケアに対して積極的なチームへ、野球肩革命所のトレーナーが直接出向き、お話をし、実際に施術を行っているプロジェクトです。

野球肩の選手の精神的なケアから、試合や練習の状況を考慮し、回復のスケジュールを考えた、選手の立場にたったサポートを行います。

そのため、同じ痛みをもった選手であっても、投げながら治療を行う場合もあれば、ノースローを行う場合もあります。

選手には、それぞれの将来のカタチがあります。

進学する選手もいれば、プロにいく選手、指導者の道へ進んでいく選手など様々です。

そんな一人一人の考え方を汲んだうえでの施術を行っていくものこそが「野球肩革命所チームトレーナーPJ」です。

そして野球肩と本気で向き合っていくためには、自分の身体について勉強しなければならないこともあります。

野球選手が勉強嫌いであることは理解しています。

ただし、自分の身体を勉強することは、何も身体のケアや故障の予防だけにつながるものではありません。

野球選手としての身体の使い方に変化が現れ、トレーニングの内容や質に変化が現れ、何と言っても体調が整えられることで、パフォーマンスが必ず向上します。

野球肩革命所チームトレーナーPJ」は単なる治療家としての枠にとどまらず、野球選手として活躍するための土台作りをサポートする今後の野球界を創り上げていくプロジェクトです。

長々と記してきましたが、自身の野球肩をきっかけに、このような形でたくさんの方々と出会いを頂き、今では野球肩に感謝している部分もあります。

そんな感謝を野球かに少しでも還元していけるように様々な働きかけを行って参りますので、どこで縁あってお会いできた日には明るい野球の未来を語らいましょう!

感謝しているとは言え、野球肩にならない方が良いのは当然なのは言うまでもありません。笑

 

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

野球肩が治らないのは誤診が多いから
投球のパフォーマンスを高めるためには手首の使い方を覚えることから ~手首が投手に与える影響~
【野球肩の対策】たった5秒で「肩」の動きを良くする方法 ~「軟骨」を知れ!~
野球イップスの解決方法は「治すこと」ではない?! ~イップスの解決法~
【ピッチャーあるある】腕に力を込めれば込めるほど力が入らない矛盾
野球のウォーミングアップのおかしなトコロ ~野球の常識はスポーツの非常識~

最新記事のチェックにフォローしよう