思考法

野球選手に指導力がない理由

野球選手に指導力がない理由

大半の野球選手には指導力がないと言っていいでしょう。

野球選手に指導力がない理由は明白です。

それは、

野球選手をプレーできることと教えることは全くの別物で、野球界には人に何か伝えることを学ぶ機会が皆無だから

です。

野球界には人に教えるような機会がありません。

なんなら、年齢が上になれば下の人は言うことを聞いてくれるのでコミュニケーションの必要すらありません。

また、一流選手に至っては、小さな頃から野球をし、野球漬けの日々を送ります。

そのため、机に向かって勉強をした記憶が非常に少ないことを考えれば、ある一定水準の知識を有していない人が多いと考えざるをえません。

勉強の知識が必要かどうかの議論は本題から逸れるので置いておきますが、「指導」と考えた時に「知識」がないことは不利であることは明白です。

例えば、

言いたいことが伝えられない、伝えたいことが言葉にならない、言葉にしたり文字にしたりすることが苦手

といった人が野球界には多くないでしょうか?

一流選手が一流の指導者にはならないといわれる所以がここにあります。

野球界は縦社会で実力社会の面が強いため、選手として能力を開花できなかった人にとっては生きづらい世の中です。

しかし、そんな指導者ほど「伝えること」の難しさを知って勉強するため、選手としては二流でも指導者としては一流という野球人がいます。

それを超えるのは一流の選手であって「伝えること」の勉強をした野球人ですが、わざわざ「伝え方」を学ばなくても周りが言うことを聞いてくれるので簡単ではないでしょう。

しかし、そんな選手の言葉は周囲の選手は全く意味を理解はしていません。

人に教えることは簡単なことではありません。

一人一人に向き合って、一人一人にあった形で言葉を選らび、一人一人にあった指導をしなくてはいけません。てとても難しいことです。

>がんばっている無能な野球指導者が最も迷惑

思考法の関連記事

Contents Menu

優秀な選手だから試合にでるのか、試合にでるから優秀な選手になるのか
ワンバウンドの送球はアウトの確率を下げる
野球選手の親ができるのはだまって成長を見守ること
野球選手に体罰は必要なのか。
野球選手に指導力がない理由
今の野球選手に最も必要なのは初心に立ち返ること

最新記事のチェックにフォローしよう