技術向上

クロスファイヤーはなぜ打ちにくいのか~左投手だからできる理由

左投手はクロスファイヤーなのに右投手はクロスファイヤーではない理由

野球をやっている方であれば、「クロスファイヤー」という言葉を一度は聞いたことがあるはずです。

そんなに良く聞く言葉なのに、この「クロスファイヤー」という言葉に疑問を感じたことはないでしょうか。

「投手」には「右投手」と「左投手」がいます。

それにも関わらず、

「クロスファイヤー」と「左投手」の「対角線」へ投げるボールのこと

を言います。

同じ「対角線」への「ボール」でも、「左投手」だけ「クロスファイヤー」と呼ぶのは何故なのでしょうか。

その理由は簡単で、

「右投手」と違って、「左投手」だけに与えられた特権とも言える「ボール」だから

です。

では、次の疑問が生まれます。

それは、

「右投手」と「左投手」ではどのような違いがあり、そして「クロスファイヤー」はなぜ打ちにくいのか

という疑問です。

以前の記事で、「右投手」と「左投手」の違いをお伝えしました(『「右投手」と「左投手」を左右対称で考えてはいけない理由』)。

この記事では、

人間の身体の構造を考えると「右投手」は腕が上がりにくく、「左投手」は腕が上がりやすい

といった内容でした。

この人体の構造の違いが、「左投手」の対角線への「ストレート」だけを「クロスファイヤー」と言う理由につながってきます。

>次のページ:左投手のクロスファイヤーはなぜ打ちにくいのか

技術向上の関連記事

Contents Menu

力を込めれば込める程、力ははいらない ~ボールに指がかかる正体~
あなたの「決め球」は「決め球」になっていません ~正しい「決め球」の考え方~
変化球は1種類ではありません! ~スライダーを3種類使い分ける方法~
酸素スプレーは必要ない? ~酸素スプレーを使うのは自分の身体を信用していない証~
トンネルは正面で捕るからトンネルしちゃってるという事実
日頃のピッチング練習は試合ではいかされていないという悲しいハナシ

最新記事のチェックにフォローしよう