野球肩・肩のケア

野球肩が完治しにくいのは誤診が多いからって知ってた?

野球肩が完治しにくいのは誤診が多いからって知ってた?

タイトルからすると医療関係者の人に怒られそうですが、本当のことだから仕方ありません。

一人でもこの記事で気づきを得て救われる野球選手が出てくるなら批判ぐらい覚悟です。

とは言え、医療関係者を擁護するなら、医療関係者が実際に140km/h以上の「ボール」を投げたことがない人には分かりようがないので仕方ないと言えば仕方ありません。

さらに野球肩は誤診があったとしても「完治するものではない」という多くの人の認識があるため、誤診として扱われることがないため明るみにもでません。

ましてや命に別状があるわけでもないので問題視されることも少ないのでしょう。

また、野球肩(肩関節の障害)には、見分けがつきにくいものがあります。

それは、

肩の横から前にかけての痛みという症状が出ている選手

です。

こんな症状が出るとどのような診断が医療機関で下されることが多いのでしょうか。

大抵は、前方に発生した痛みということから「上腕二頭筋長頭腱炎」と診断されることが多いでしょう。

しかし本来は、

横から前にかけての「静止痛」や「圧痛」があっても大半は「棘下筋(きょっかきん)」、「棘上筋(きょくじょうきん)」の不具合によるもの

という現実があります。

これを医師に伝えても納得いかない方がほとんどだと思います。

しかし、実際に「棘下筋」や「棘上筋」に対して施術を行えば早期であればすぐに改善してしまいます。

そして、

肩関節の「障害」(野球肩)の大半は、「棘下筋」、「棘上筋」の痛みがほとんど

です。

私が「野球肩」の治療をする時、この「棘下筋」と「棘上筋」の強制的な施術が大半です。

しかし、これはあくまで「痛み」を取り除くだけにすぎません。

「野球肩」を発生させている根本的な原因は他にあります。

そのため、最終的にはその原因を突き止め適切に機能するように修正していく必要があります。

それと同時に肩関節への「負担(ストレス)」が無くなるような状態を選手と共に創り上げていかなければなりません。

まずは「痛み」を早急に取り除き、同時に原因の調整をしていくのがベストだと考えています。

>次のページ:野球肩は痛みを取り除くことが治療ではない

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

「野球肩」と「野球肘」をベツモノで考えるから治らない ~身体は連動して動作をしている~
あなたのやり方は大丈夫? ~投手が最大限に力を引き出すウォーミングアップのやり方~
野球肩の横の痛みを自分でできるチェック方法と治療方法
野球肩を治療する前に肩関節と股関節の連動を理解せよ
投手が投げ続けていれば野球肩になるのは当たり前
投手に本当に必要なウォーミングアップとは

最新記事のチェックにフォローしよう