野球肩・肩のケア

野球肩を治療する前に大会直前での肩の痛みへの対処法を知れ

野球肩を治療する前に大会直前での肩の痛みへの対処法を知れ

多くの野球選手にとって重要な夏の大会の時期が迫ってきました。

そんな中で、投手が夏の大会を直前にしながら「肩が痛い」、「肩の張りを感じる」、「ボールを投げられない」、「イップスになった」といたことはよくあるハナシです。

これは特に3年生にとって最後の大会というプレッシャーから引き起こす可能性を高めています。

プレッシャーは、人間のあらゆる身体の部分に緊張を与え、緊張状態は身体を過剰に敏感な状態へとしてしまいます。

身体が敏感な状態になると、手足の先がしびれ、手足の先が冷え、冷たい汗をかきやすくなります。

さらに、痛くもないような関節が疼いたり、痛みを感じてしまうこともあります。

つまり、

人間は極度の緊張下にあると身体的な(器質的な)損傷がない状態にも関わらず、痛みが発生しているように感じるケースがある

ということです。

そのため、医療機関を受診し、自分がどんな状態になっているのかということを検査しておくのが良いかもしれませんが必要以上の恐怖を感じるのも危険だということです。

大会直前に肩に対して違和感が出た時は、器質的な損傷がないかを医療機関で検査し、それでも問題がなさそうであれば精神的な問題を疑いましょう。

>次のページ:野球肩が治療期間で問題が見つからなかった時の対処法

野球肩・肩のケアの関連記事

Contents Menu

【野球肩への対策】肩関節の構造を知ろう。
【野球肩の対策】肩関節の調整に対する考え方
右投げ/右打ちの選手は右肩への負担が大きい
その場しのぎにしかなりません ~湿布は貼っても怪我が治らないという事実~
投手の肩が柔軟だから球速が速くなるわけではありません。
野球肩は治らないという覚悟を持って身体のケアをしていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう