トレーニング

野球選手は練習すればするほど勝利のための練習ではなくなる

野球選手は練習すればするほど勝利のための練習ではなくなる

野球肩革命所をご覧になっているということは、現役の野球選手の方か野球に関わっている人であることは間違いないでしょう。

そして皆が、毎日苦しい練習をやっているか、関わっているチームの選手達に苦しい練習をさせていることでしょう。

ではそんな方々に質問があります。

あなたは何のために練習をしていますか?

さて、なんと答えるでしょうか。

恐らく大半の方が「野球が上達するために」もしくは「試合で勝利するために」と答えるのではないでしょうか。

では、そんな方々にもう一つ質問があります。

あなたが今やっている練習は上手くなるために(勝つために)必要な練習だけをやっていますか?

さて、次はなんと答えるでしょうか。

皆が「YES」と答えたいとは思いますが、自信をもって、そして根拠をもって「YES」と答えられるでしょうか。

野球人であるならば、どれだけ意味のある練習をやっていても、それと同じだけ無意味な練習をやっていては意味がありません。

そして意味のある練習であっても、やればやるだけ上手くなるわけでもありません。

当然ながらやりすぎれば、どんな素晴らしい練習でも途端に無意味な練習へと様変わりします。

さらに日本の野球界の特徴として、練習をすればするほど、練習の目的が上達することよりも「こなすこと」が優先される傾向が強くなっていきます。

その結果、

大半の野球選手は練習をすればするほど勝利のための練習から遠ざかる

という現象が大量発生しています。

>次のページ:野球選手は個人練習でさえ本来の目的を見失う

トレーニングの関連記事

Contents Menu

指の付け根に力を入れても力は入りません。
野球の体幹トレーニングが否定される日は近い
野球選手はトレーニングでは上達しません
インナーマッスルは鍛えるタイプの筋肉ではない
常識で考えたホームランの打ち方
野球選手に必要な体幹トレーニングとは

最新記事のチェックにフォローしよう