投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる

投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる

投手には大抵の場合、自身の「決め球」を持っています。

そしてその「決め球」のイメージは、誰にも打ち崩すことのできない剛速球や急激な変化をする変化球のようなイメージを持っています。

しかし、このような「決め球」の考え方は間違っています。

その結果、「決め球」を投げるタイミングを大半の投手に聞くと以下のような返答があります。

それは「打者を打ち取る最後の投球」というものです。

これは「決め球」の概念や能力を狭めてしまっています。

野球肩革命所で考える「決め球」とは、

・初球
・バッティングカウント
・追い込んだ後

に投げるボールのことです。

です。

予想外でしょうか。

実はこれらの投球カウントにはある共通点があります。

それは、

打者がスイングしてくる可能性が高いカウントだから

です。

さらに同時に、

投手としてはストライクが欲しいカウントだから

です。

つまり、打者はスイングしたくて、投手がストライクが欲しいタイミングなので、痛打されやすいカウントだと言うことです。

そんなタイミングにこそ投げる球が「決め球」です。

>次のページ:投手にとって必要な「決め球」とは

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

究極のシャドーピッチングのやり方

2017年11月5日

日本を代表する投手 前田健太(LAドジャース)を徹底分析

2016年9月19日

投手にとってコントロールが必要な本当の理由

2017年10月3日

プロ野球選手でも知らない最強の投球術

2016年11月14日

投手に必要な練習は、打者を抑える練習をすること

2016年7月13日

投手がボールを置きに行くようになったらオワリ ~エースがエースと呼ばれる理由~

2016年7月16日