投球術

投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる

投手の決め球は投げるタイミング次第で決め球ではなくなる

投手には大抵の場合、自身の「決め球」を持っています。

そしてその「決め球」のイメージは、誰にも打ち崩すことのできない剛速球や急激な変化をする変化球のようなイメージを持っています。

しかし、このような「決め球」の考え方は間違っています。

その結果、「決め球」を投げるタイミングを大半の投手に聞くと以下のような返答があります。

それは「打者を打ち取る最後の投球」というものです。

これは「決め球」の概念や能力を狭めてしまっています。

野球肩革命所で考える「決め球」とは、

・初球
・バッティングカウント
・追い込んだ後

に投げるボールのことです。

です。

予想外でしょうか。

実はこれらの投球カウントにはある共通点があります。

それは、

打者がスイングしてくる可能性が高いカウントだから

です。

さらに同時に、

投手としてはストライクが欲しいカウントだから

です。

つまり、打者はスイングしたくて、投手がストライクが欲しいタイミングなので、痛打されやすいカウントだと言うことです。

そんなタイミングにこそ投げる球が「決め球」です。

>次のページ:投手にとって必要な「決め球」とは

投球術の関連記事

Contents Menu

究極のシャドーピッチングのやり方
投手にとって必要な本物のコントロールを身につける方法
投手はボールを前で投げると低めにいかない
投手は打者の心理を知ることで上手くなる。
勝ち続ける投手になる条件は球速やコントロールが勝つ条件でないと理解すること
投手が前で投げる意識をしても上手くならない

最新記事のチェックにフォローしよう