トレーニング

野球選手としての寿命

野球選手としての寿命

現役の野球選手の中で「野球選手としての寿命」を考えたことがある人はどれくらいいるでしょうか。

野球選手にとって「時間」は有限です。

野球選手の寿命は、職業野球までできる人で30歳前後です。

稀に30歳後半という選手寿命の長い選手もいますが、職業野球ができる人の中でも極わずかです。

さらに、職業野球を経験できる選手の割合を考えると・・・というように整理していくと、多くの野球選手にとって「野球選手としての寿命」が如何に短いか気づかないでしょうか。

プロ野球選手になりたければ、社会人、大学、高校で一定の活躍をしていなければ実現しません。

どこかの段階で戦力外通告やレギュラーにもなれないようであれば先がほとんどありません。

大半の野球選手が高校野球を限界に野球界から引退していきます。

遡のぼっていけばいくほど、プロで活躍している選手の大半は、各ステージで主力級に活躍している人ばかりです。

ここまでの野球の狭き門を考えている人は稀に存在していますが、まだまだこれでは終わりません。

なぜなら、

仮に40歳で引退したとしても人間としての人生は半分近くあること

です。

野球選手として引退以降に野球に関わることができるのは大半が指導者の立場です。

しかし次から次へと引退していく選手が生まれているにも関わらず、指導者として職業にできるポジションは全く増えません。

つまり、指導者の枠は年々激戦化しています。

ここまで考えてくると、野球選手として一生の間まっとうできる人間は一体どれくらいの数なのでしょうか。

そこにきて野球人気の低迷が続いていることを考えると、野球選手でいることのリスクが高すぎます。

そんな高いリスクを背負ってやっている「野球」であるにも関わらず、自分で考え選択することもなく言われたことをやるだけの野球が非常にもったいないと感じるのは私だけではないでしょう。

野球人生はとにかく短命です。

無駄な時間や無駄な練習をやっている場合ではありません。

効率的に誰よりも上手くなり、故障もしない方法を考えなければいけません。

ただ闇雲に長時間の練習をやるのは終わりにしましょう(『野球の練習は「上手くなること」よりも「こなすこと」が優先される』)。

トレーニングの関連記事

Contents Menu

スピードボールを投げるために必要なトレーニング
ある投手がたった2年間で25km/hの球速を上げた筋トレより大切な考え方
野球選手向けに特別調合したブレンド米を開発中です。
本気で野球が上達したいなら練習をサボるススメ
投手がコントロールを良くするための3つの要素
インナーマッスルは鍛えるものではない

最新記事のチェックにフォローしよう