その他

キャンプは無意味な練習のオンパレード~翌年分の体力を短期間でつくるの無理~

キャンプだけで翌年を乗り切るのは無理

プロ野球や社会人野球、大学なと、春季キャンプや秋季キャンプなどを行って1年間の体力を作るなどと言われています。

今回の記事の結論からお伝えすると

 

人間の特性上そんなことはまず不可能です。

 

2週間から1ヶ月ほどの過酷な練習をしたからといって向こう8ヶ月分の体力などつきません。

シーズンを戦う体力はコンスタントにトレーニング、ランニングをシーズン中も行うこと以外にはありません。人間の体の特性上これは変わりありません。

みなさんこんなキャンプやオフシーズンを過ごしていませんか?

おそらく、多くの野球選手はキャンプやオフシーズンに以下のようなメニューをこなしていると思います。

【投手の場合】

・投げ込み

・走り込み

・特守

・筋トレ

 

【野手の場合】

・打ち込み

・走り込み

・特守

・特打

・筋トレ

 

だいたいこのようなメニューをこなしているのではないでしょうか。 そこから気温の上昇とともに、徐々にサインプレーなどの、野手と投手の連携を確認したり、試合形式の練習、紅白戦、オープン戦などへと移行して公式戦を迎えていきます。

しかし、特に野手の選手は、一度シーズンにはいってしまうと、過酷なトレーニングやランニングはしなくなります。これは身体の構造からすると、効率的ではないうえ、シーズン中の体力がもたなくなってしまいます。

キャンプをすること、合宿をすることの精神的な変化による技術向上や練習への意欲どの向上などは確実にありますので、中身を見直していく必要がありますね。

50年前の野球選手とは、現在の野球選手と身体も精神も全く違います。世代にも、個性にも合ったそれぞれの形でキャンプやトレーニングを行うことが最適だと思います。

その他の関連記事

Contents Menu

野球選手はつらいよ~身体が痛くても痛いっていえない~
野球に体罰は必要なのか? 不必要なのか?
ボールの握り方なんてなんでもいい
一生懸命やっても試合に出られないのは当たり前って知ってました?
野球肩革命所1週間まとめ記事(2016年1月25日~1月31日ver.)
指導者の役割とはなんなのか? ~下手になりたい選手はいない~

最新記事のチェックにフォローしよう