その他

【みんなで創るサプリメント】回復を促進する回復系サプリを開発中!

世の中、強化系のサプリメントだらけ

みなさん、なんらかのサプリってご使用になっていますか?

多くの方々はプロテインを代表とする、強化促進系のものを使用されていると思います。

私自身は、肩の故障・怪我から野球人生の引退を余儀なくされてしまった身としては、身体のメンテナンスを中心としたサプリメントの開発ができないかと思い、現在、進行中です。

そもそも、過去の記事でも記したように、いわゆる「筋トレ」と呼ばれるトレーニングを疑問視しているので、強化系のサプリメントという概念が、そもそもアスリートに必要なのかと考えています。

筋肉はつけるものではなく自然についちゃうもの

yakyukata_article012

 

プロテインにしても補わなければいけないのであれば摂取する、という発想で考えれば、それは強化というよりメンテナンスの概念に近いのではないでしょうか。

身体のメンテナンスは何も故障の予防だけではなく、適切なメンテナンスを行えば、技術の向上も見込めます。というより、アスリートにとっての本来のあり方は、身体をメンテナンスしていくこと、ということにほかなりません。

回復系のサプリメントとは?

では、どのような所に視点を置きサプリメントを開発しているのかというと

 

「野球は練習が長い」

「指導者は練習を長くやらせたい」

「傷害を減らしたい」

 

この3つにフォーカスすることを基本としています。

野球は他のスポーツに比べて、練習時間がやたらと長いです。

この時間、拘束されるわけですので、精神的にも肉体的にも疲労してしまいす。

また、疲労の蓄積が、傷害へとつながることが多いので、できる限り回復を早めることがとても大切になってくるのではないでしょうか。(「傷害」とは何なのかとい方は以下の記事をご確認ください)

 

野球選手の怪我の9割は「傷害」だって知ってました?

takebat_article012

 

なぜ強化系のサプリメントよりも回復系のサプリメントを開発中なのかというと、

 

 練習時間を短くすることは選手レベルでは難しい

疲労がたまると合理的な動きができなくなり怪我の可能性をたかめる(傷害)

 

この2つの問題は選手レベルではどうすることもできません。やはり指導者から言われてしまうとやらざる負えないですし、チームの雰囲気からも中々難しいことです。

この上記2点を解消しようと思うと

 

「回復を早めること」

 

しか方法はないのではないでしょうか。

が!しかし・・・

では、「回復系のサプリメント」を探そう!と思ったのですが、それがないんですよね。

一般人に向けられた商品というのは、少なからず存在しているのですが、アスリートに特化したものは存在していません。アスリートの運動量は常人では測れないものです。

と、なったのでアスリート向けの、それも野球選手専用サプリメントを開発しています!

みんなの意見で創ります!

そこで、一方通行的なサプリメントだと、人それぞれ効果はまちまちに・・・なんてことになると野球業界的にも意味がないので、みなさんの意見のもと研究開発を進めていきたいと思っています!

 

自分はこんな時に疲れを感じやすい

自分はこんな部分に疲労がたまりやすい

自分はサプリメントをこんな時に服用しています

自分が使っているサプリメントはこんなんだけど実際のところどうなの?

 

などなど・・・

なんでもいいのでどしどしご意見ください♪

方法は、LINEアカウントもしくはFacebookの方まで宜しくお願いします!

今回開発を進めている回復系のサプリメントが、定番化し、野球選手に浸透していくと同時に、野球の練習も効率よく合理的になっていって欲しいものです♪

私が現役時代も、非常に練習時間は長かったです。

疲れも翌日に残ったまま・・・。このまま続けていればどこかしら怪我をしてしまうなと思い、要所要所でサボっていた経験があります。ぶっちゃけると、サボるのならしないほうがいいと思います。

ですので今後、野球の練習は短くかつスキルが上がる方法を模索してやる必要があると思います。

そんな時代までの架け橋となるサプリメントだと思っております。

期待してお待ちください♪

その他の関連記事

Contents Menu

松坂投手の秘密は鼻にあった??!
野球選手だって恋がしたい‼ ~野球選手の幸せな恋の始め方~ part2
一生懸命やっても試合に出られないのは当たり前って知ってました?
野球肩革命所1週間まとめ記事(2015年12月14日~12月20日ver.)
あなたは何故プロを目指すのか? ~プロを目指すなら知っておいてほしいこと~
指導者の役割とはなんなのか? ~下手になりたい選手はいない~

最新記事のチェックにフォローしよう