技術向上

タメのある投手はイイのか、ワルイのか解説してみました。

タメのある投手はイイのかワルイのか

良くプロ野球の解説などでも、「非常にタメのあって良い投手」といった表現が使われています。

しかしよく考えてみてください。

 

タメってなんですか?

 

そして、

 

タメがあると本当にイイ投手なの?

 

と考えてみたことありませんか?

以前の「よく考えてみて、投手はプレートを蹴っていません。」でも「タメのある投手」というのに触れて、「タメのある投手って何なんですか?」というご意見を頂きました。

 

よく考えてみて、投手はプレートを蹴っていません。

yakyukata_article027

 

ということで、今回の記事では、この投手の”タメ”について記していきたいと思います。

そして、結論からお伝えすると、

 

タメのある投手はイイ投手です。

 

しかし、多くの人が捉えている”タメ”は間違えていることがほとんどですので、詳しく解説していきたいと思います。

タメのある投手とは

それでは、タメのある投手とはどんな投手のことでしょう?

タメとはもちろん比喩的な表現で、 投球の際になかなか胸が打者の方に向いてこなくて、ワンテンポ腕が遅れてくるため、急にボールがくるような感覚になる投手のことです。

こんな投手のことを「タメのある投手」と表現しているわけですが、これは単にタメのあるフォームになるように意識したところでなんら変化はありません。

あるきっかけがあることで「タメのあるフォーム」に変化するだけです。

残念ながら、

 

タメようタメようと頑張ってもたまりません。

 

貯金のようなものですね。笑

”タメ”にとって大切なこと

では、どうすれば”タメ”のあるフォームを手に入れることができるのでしょうか。

タメのあるフォームにとって重要になってくるのは、

 

右投手であれば右の股関節、左投手であれば左の股関節

 

がファクターになってきます。

股関節の角度と軸の向き、どこでどう支えるかということを意識すれば勝手に「タメのある投手」となります。

ちょっと簡略化して結論だけ記したのでもう少し詳しく話します。注目すべきは股関節と骨盤の関係です。

投球しようと足を上げた時に、投手は反対の一本だけの足で立っていることになっています。

ここから体重の移動を始める時、股関節と骨盤の角度がマッチングすると、上半身の無駄な動きがピタリと止まって体重移動が始まります。

実はこれがタメの始まりなんです。この状態ができると、あるところまではそのままで、あるところで突然体が正面を向き胸が張れ、腕が遅れてしなって出てきます。

そしてリリースを迎えます。

つまり、股関節と、骨盤が上手に使えることで「タメのある投手」となります。

結論ですが、タメはタメようと思ってもたまらないということです。ですので間違っても、「もっとタメて投げろ」「タメを作れ」「タメがないから低めに行かないんだ」なんてことは言ってはいけないことです。

本気で伝えたいなら、この股関節と骨盤の関係をうまく伝えてあげることです。

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球の技術を高めるポイントはここにある ~ロボットを排出し続けてきた野球界~
ピッチャーが球速をあげる最短の方法 ~ただ闇雲に投げ込みをするのはやめましょう~
練習をさぼるススメ ~サボる選手ほど活躍している悲しい野球界~
あなたが野球を辞めたいと思っても それは野球のことが大好きだから ~全力だからおきる野球の矛盾~
すくい上げるように打った方が良い
変化球の握り方は1つではない ~フォークの握り方4種類大公開~

最新記事のチェックにフォローしよう