技術向上

技術がないからはタダの言い訳~試合出るための考え方~

技術がないはタダの言い訳

野球というスポーツに限らずですが、試合に出場できないということに関して簡単な言い訳の仕方が存在しています。

それは、

 

「技術がない」

「下手だから仕方ない」

 

などという言い訳です。

かなり厳しい言い方ではありますが、この二つは「ただの言い訳」意外の何物でもありません。

野球で試合に出場できる人数はスタメンで9名、ベンチ入りで20名前後でしょうか。

この人数に試合に出場できるチャンスが与えられるわけです。

しかし、ここで考えて欲しいことが一つあります。

この出場権を得ている選手が全て

 

技術があり、野球が上手で、オールマイティーな選手なのでしょうか?

 

そんなことはないはずです。

ここで少年野球と高校野球の選手を比較してしまうのは、むちゃくちゃな話なので論外として、自分のおかれている環境というのは、そこまで大きな差は存在していないはずです。

オールマイティーな選手など1チームに1人いるかいないかです。

つまり、大半の選手には不得意部分があるということです。しかし、それでも試合に出場している選手が存在しているわけです。

では、試合に出られるか出られないかを分けているものとは何でしょうか?

練習すれば出場できるが一番危険

この試合に出場できるかどうかを分ける要因について、真剣に検証する選手はほとんどいません。

大半の選手が、検証せずにただ黙々と練習してしまいます。練習すれば試合に出場できると考えたほうが簡単で楽だからです。

どんなに不調で、どんなに不得意なことがあろうと、試合に出場しなければなりません。

それぐらい1試合に出場することは、野球人生において重要です。

それを

 

「練習すれば試合に出られる」

 

と考えて、ただ黙々と練習することが如何に危険なギャンブルかお分かりいただけるでしょうか。

試合に出場できるかどうかの壁

では、試合に出場するためにはどうすればいいのでしょうか。

今までの記事でもいくつか記してきたので、そちらもあわせてご確認ください♪

幾つか例をあげますので頭に入れながら自分で検証してみてください。

 

・チームのマイナスの部分は何か考える

・チームのどこのポジションが弱いのか考える

・チームのどこの打順が弱いのか考える

・チームのどこの打順が機能していないのか考える(打順によっての役割が異なるので)

・監督のチーム方針を考える

 

などです。

上記の5つが完璧に把握できて、それに合わせた練習をしていれば間違いなく試合には出場できます。

全てとは言わなくても、いくつかクリアするだけでも、出場の確率は高まるでしょう。

技術が飛び抜けてあることには越したことはありませんが、誰しもがそうでは限りません。失敗する人もいればなかなかうまく行かない選手もいます。

かりに技術が飛びぬけていようとも、チームが変わったり、ステージが変われば必ずといっていい壁が存在します。

しかしその中でも必ず、よく考え諦めなければ突破口が見えるものです。

あなたのチームの4番バッターがほかのチームにいっても必ずしも4番バッターということはないはずです。仮にそうだとしても、後の枠は8個あります。

上手くないから、下手だから、技術がないからといってか考えることをしないで諦めることは止めましょう。試合には案外簡単なことで出ることができるかもしれません。

今いるチームのことをよく考えて、どうしたら試合に出れるポジションに立てるのか考えていきましょう!

とにかく、まず試合に出ること、出続けることを考え続けましょう。

技術向上の関連記事

Contents Menu

実は弱点バレバレ~オープンスタンスの打者の攻め方~
シュートするのはそんなに悪いことではない ~ストレートがすぐにシュートしてしまう人の対処法~
その筋トレって何のためにやってるの?【投手編】
投手はピッチング中に声を出して投げた方がいいのか? ~ピッチング中の「大声」の正体~
プロ野球の投手ですら知らない本当のシャドーピッチングとは
炭化竹バット「無料モニター抽選会」キャンペーン【本日最終日】

最新記事のチェックにフォローしよう