技術向上

一日たった1分で上達するてっとり早い方法~●●する方法を知ること~

あふれかえった練習方法

今、世の中には野球の上達方法はあふれかえっています。実際に効果のでるものから、まったく効果のでないものまで、様々なものがあると思います。

しかし、この差はどこから生まれているのでしょうか?

これはあくまで、私の考え方にはなるのですが、

 

たまたまその練習方法がその人に最適だったから

 

というのが多くの場合だと考えています。

要するに、運です。笑

とこんなことを言っていると指導者の方々に怒られてしまいそうですが、実際に、人間の身体は同じ身体というのは絶対に存在しません。

それを一つのルールや成功法則にあてはめると、伸びる選手がいるのと同じ数、というよりそれ以上に、ほかのことをやった方が伸びる選手というのが存在します。

そのため、私は最適な練習方法は、

 

自分で考えてやる

 

ということ以外ないと考えています。

脱力を知ること

では、自分で考えられること以外でやることはないのか、というとそんなことはありません。

 

人間の身体の構造上から考えられること

 

は存在しています。

しかし、その細かい動かし方には人それぞれのやり方があって然るべきだということです。

では、身体の構造上から考えて、てっとり早く上達するにはどしたらいいのでしょうか?

それは、

 

力を抜くこと

 

です。

つまりは「脱力する」ことです。

なんだそんなことか・・・と思われた方、「脱力」をあなどってはいけません。

バティングにおいても、ピッチングにおいても力を抜くことは非常に難しいことです。日常生活でさえも力を抜くことはなかなかできません。

力を入れることは簡単です。意識せずとも、必ずどこかには力が入っています。この記事を読んでいながらも、力が入っている箇所があります。

お気づきですか?

でも力を抜くことは意識しないとできません。

それぐらいに人の身体というのは力が入りやすくできています。防御したり、守ったりするために、本能的に力を入れるので緊張することが本来の身体の在り方でもあります。

しかし、良いバッティング、良いピッチングをするためには、この「脱力」の状態を意識的に作ることができなければなりません。

人間の身体の構造上、力が抜けている状態から、いざという時に力をいれると、最大限の力を引き出せるようになっています。

その力の落差が大きければ大きいほど、瞬間の力は高まります。打者にも投手にも言えることです。

まずは脱力を感じましょう。

 

一日1分で脱力を感じる方法

そんな脱力を感じる方法というのがあります。

まず、仰向けに寝転んでみてください。

その状態で深呼吸を20回ほど行いながら、身体の隅々まで力をぬくよう意識してください。

この時に背中が地面に埋もれていくような感覚が得られたら「脱力」は成功しています。

簡単とはいってもすぐにはできないかもしれませんが、数回チャレンジしてみれば誰であれ「脱力」を感じることができるようになるはずです。

そしてこの「脱力」を感じることができると、その感覚をあらゆる動きの前に感じることができるように、自分で工夫して取りいれてください。

その方法は人それぞれでしょう。

しかし、「脱力」から瞬間的に力をいれると最大の力を発揮することができるのは、人間である限り、逃れることはできません。

あなたはサイボーグではありません。

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

変化球を最も効果的に投げる方法
【第1話】心理を読む ~打者をてだまにとる投球術~
一日たった1分で上達するてっとり早い方法~●●する方法を知ること~
炭化竹バット「無料モニター抽選会」キャンペーン【本日最終日】
野球選手が雨の日に「すっぽ抜ける」は嘘だった。 ~「すっぽ抜け」に雨は関係ない~
シュートの捻りがキレをます?! ~横滑りスライダーの投げ方~

最新記事のチェックにフォローしよう